出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2010年1月14日

テーマ:著書の効果的な販促

二冊目が本当の実力を試される

本を出版して、販促を行おうとしたとき、一冊目は意外と難しくはありません。

自分自身のモチベーションも高いので、地道な作業も苦になりませんし、とにかく一生懸命になれますので。

周りもお祝いの気持ちも含め、義理や人情で協力的です。

しかし、これが二冊目となると、そうはいきません。

一冊目の販促に成功した著者なら、まず、その実績に胡坐をかきます。

そして、二冊目ということもあり、自分自身の販促に対するモチベーションも一冊目ほどではありません。

もちろん、周りも「またか」という感じで、あれだけ好意的だったのがウソのように素っ気無くなります。

それだけに、二冊目で著者の本当の実力が試されるのです。

そのためには、一冊目の販促のときに何をするのかが非常に重要になります。

それは、一冊目の販促で集めた読者をいかに二冊目のリピーターにするかを考える必要があるということです。

二冊目は自分の力だけで販促を行うつもりぐらいで、一冊目の販促に取り組みましょう。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2010年1月14日

テーマ:集中講座:出版企画書の書き方

書籍編集者に伝わる企画書のポイント(出版企画書の書き方02)

企画書で重要なことは、その企画書を読んでどういう本ができ上がるのか、そして、その本を読むことで何ができるようになるのか、どうなることができるのかがイメージできることだと思います。
そのためには、どんな人が、どんな切り口で、どんな構成で書かれるのかが、出版社の方に伝わるかが企画書に盛り込まれることが重要です。

類書を出すのもその一環です。

企画書だけで伝えきれないのであれば、サンプル原稿や誌面のデザインイメージを添えても良いでしょう。

そして、でき上がりがイメージできて、そのイメージされた本が売れそうであれば、出版社で企画は通ります。

逆に企画書からこれらのことが読み取れないのであれば、その企画は通ることはないと思ってください。

企画書で最も重要なのは、「伝える」という点にあります。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2010年1月14日

テーマ:出版社への売り込み

出版社の売り込みやすいタイミング

もう一つ、出版への道の敷居が下がるタイミングがあります。
それは、3月と9月です。
これは、書店や取次ぎ、出版社の決算のタイミングです。
この決算のタイミングで、書店の書棚の入れ替えや棚卸を行うコトが多く、在庫を抱えたくない事情もあり、かなりの冊数の返本があるのです。
通常、取次ぎの決済は、納品した書籍から返本された書籍分を指し引いて決済されます。
つまり、返本された本より納品された本が多くなくては、利益は発生しません。
そのため、この3月と9月の返本対策として、通常の月よりも多めに書籍が発行される傾向にあります。
また、予定通り、月の本の出版数を死守するために必死になります。
逆に言えば、このタイミングで発刊が遅れる書籍があった場合、その穴を埋めるために納期優先の企画が決まりやすくなります。
具体的には、3月と9月に発刊する書籍の状況は2月と8月には、だいたい分かります。
したがって、2月と8月の前半ぐらいにその対応に追われ始めます。
この頃合いで売り込みをしてみると良いかもしれません。
ただし、このタイミングで決まった企画は、絶対にずらすわけにはいかないため、著者の信頼性や原稿の有無にウェイトを置かれることは意識しておきましょう。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント