出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2009年11月30日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

出版実現セミナー in 彩塾(東京)で講師をやります

アカデミアジャパンプレミアムクラブ東京総会 で名刺交換をさせていただいたMOMO さんが主宰する彩塾でお話しさせていただきます。

これが今年最後の私が講師のセミナーです。

ちなみに、今回は格安です。

しかも、時間もたっぷりあります。

いつものスタイル通り、出版について話しをして、具体的な企画書について話しをして、質疑応答、もし時間があまれば、企画書をお持ちいただいた方のみ添削します。

今まで高くて躊躇していた方は、たぶん最初で最後のチャンスだと思いますので、是非、ご参加ください。

・日時 12月4日(金) 13:30~16:45 (開場 13:00)
・場所 江東区産業会館  (東陽町 下車1分 4番出口の真上)

・定員 15~16名程度(お部屋は30名入れます)

・料金 3000円

お申し込み・お問い合わせは、MOMO さんに直接メッセージか、info@saijuku.net に 「出版セミナー参加希望」 とご連絡ください。

当日は、懇親会も予定されております。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年11月30日

テーマ:近況報告

商業出版のノウハウを塾やセミナー並みに提供します

弊社は、本を書きたい人に向けて出版のノウハウを提供しています。

今までの経験と実績をベースに、その人が書きたい企画をできるだけスムーズに実現できるようにさせるように心がけています。

そのためには、人それぞれに合わせた戦略と書きたい企画に合わせた戦略を融合させた戦略が必要になりますので、そう簡単にできるものではありません。

しかし、アメブロをはじめて思うのですが、出版ブローカーが多すぎます。

とくに著者から出版プロデューサーを名のりはじめる人は、酷すぎます。

私とは違うアプローチで集客している方の場合、一度はセミナーに参加してみたりもするのですが、ほとんど詐欺です。

本当は、もっといろいろ書きたいところですが、それは控えます。

最初は、そんな輩たちに対抗意識を持ったりもしたのですが、やめました。

そこは私の領分ではありませんから…。

より多くの方に著者デビューを実現に導いてあげられるように、もっと、もっと、勉強して、経験と実績を積みながら、今後も、実直に本を書きたい人に向けて出版のノウハウを提供していこうと思います。

何で、こんなコトを書いたかというと…ある出版ブローカーに著者を引き抜かれた上に、その方が出版させることができなかったのですが、それを著者のせいにしたらしく、泣く泣く私のところに戻ってきたということがあったのです。

この記事は、一時でもそんな輩に対抗意識を持った自分への戒めですね。

実直にやっていればいつか分かってもらえるでしょう。

あ、もし、出版を目指しているのなら、この方セミナー はオススメです。

本当は、私も勉強させていただきたいのですが、『編集プロダクションや出版プロデューサーなど、出版関係者お断り』と書かれているので、諦めました。

間違いなく参考になると思いますよ。できたら、私も行きたい…。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年11月30日

テーマ:ブログを出版したい

本気で商業出版したい人は、もう一つブログを開設してください。

最近、いろいろなセミナーなどに出没しているので、いろいろなアメブロガーさんと交流をもたせていただいております。

こういう仕事をしているので、当然、出版…という話しになり、企画書をお預かりします。

その企画書を出版社に見てもらうと、当たり前ですが、ブログはチェックされます。

ブログは見込み客になりうる方々に向けられていますので、皆さん個性的なブログになっていて、それはそれで問題ありません。

しかし、出版社の方が著者として一緒に仕事をするかどうかという視点でそのブログを見ると、あまりに個性的過ぎて引いてしまうことが多いです。

他にも記事の文体やプロフィールの写真なども同様の状況になります。

できたら、出版を目指すのであれば、出版社の方が見たときに「一緒に仕事をしたい」と思えるブログを用意して、そっちのアドレスを企画書に記載していただけると嬉しいです。

ちなみに、あの人も、あの人も、あの人も、ブログで却下されてしまいました。

そんな理解の無い奴は、こっちから願い下げだというのであれば構いませんが、それだけのことで機会損失をしているのはもったいないと思ったので…。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント