出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2009年10月6日

テーマ:書籍を出したい

入門書の後は稼ぐ本。

以前、私がプロデュースし、セカンドライフコンサルタントの松浦秀俊さんが執筆した『セカンドライフで稼ぐ方法 AtoZ 』がエクスメディアから発売されました。

ちなみに、松浦秀俊さんは、私が参加している異業種交流会のメンバーである金盛哲二さん が主宰する青年実業家 というIT起業塾の塾生さんでした。

たまたまその異業種交流会に松浦さんを連れてきて、たまたま私の隣に座っていたのがきっかけです。

山田「今、どんなことしてるの?」

松浦「セカンドライフが流行っているので、いろいろとお金を稼ぐ方法を探してます」

山田「で、見つかったの?」

松浦「はい。いくつか見つかって、実際に稼げたので、今度、セミナーをやります」

山田「そんなに凄いなら、本でも書いてみない?」

という話の流れで、その場で出版社の担当に電話をしました。

山田「まだヒアリング中で、企画書は無いんですが、セカンドライフの稼ぎ方について書ける著者を見つけました。どうしますか?」

担当「やる!すぐに押さえてください」

山田「了解!」

わずか1分かからないくらいの電話で出版が決まりました。

結果、松浦さんは、たまたま参加した異業種交流会で、たまたま横に出版業界の人が座ったことで、出版することができました。

これは、かなりなレアケースではありますが、決まるときは簡単に決まるというのも事実です。

話しを戻します。

当時(2007年の春)、セカンドライフの入門書が流行っておりました。

すでに2匹目のドジョウ、3匹目のドジョウぐらいまでは出ており、入門書がやや飽和状態になりつつありました。

最終的には、仕掛かりのタイミングや制作期間の問題もあったのだと思いますが、5匹目のドジョウぐらい発刊された記憶があります。

で、入門書が売れれば、次にくるのは応用書です。

そして、その応用書の最有力なのが“稼ぐ本”といわれております。

つまり、まだみんなが2匹目のドジョウ狙いで作った本が結果的に5匹目のドジョウになるタイミングで、すでに次にくる企画である稼ぐ本のオファーだったのですから、出版社が乗らない理由が無かったのです。

何かが流行った場合、だれも専門家はおりません。

しかし、流行っているので本は作ります。

これが“入門書”です。

この時に著者になるのは、ほとんどの場合がライターさんになります。

入門書が浸透すると、ユーザーも次のステージを求めますので、ライターさんによる入門書では物足りなくなり、専門家による応用書が求められるという流れです。

何かが流行ったら、積極的に取り組んで、先回りして、早々に専門家としてのブランディングをすることは、著者になる早道なのかもしれません。

そして、今、アメブロが流行っています。

アメブロの入門書 も売れているので、アメブロで稼げるようになるための企画を出版社に売り込みました。

結果、まだ2匹目のドジョウが出ていない状況なので、「ゼロからアメブロをはじめて、稼げるようになるための企画」というどっちに転んでも良い企画に方向転換することになり、この方 と企画を詰めている状況です。

余談ですが、上記のセカンドライフの企画が、私のプロデュースデビュー作です。

この一冊から、今の活動がはじまりました。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年10月5日

テーマ:書籍を出したい

出版コンサルタントや出版プロデューサー選びの注意点

最近、出版プロデューサー、出版コンサルタント、出版コーディネーター、出版エージェンシー、出版アドバイザー…などなど、いろいろな肩書きを名乗る人が増えています。
ほぼ、同じ職務内容だと思いますが…。
先日、あるブログの運営者に「出版しませんか?」という旨のメールをお送りしたのですが、「自費出版ですか?情報商材ですか?どちらも興味ありません」という返信が届きました。
確かに詐欺的手法で著者にアプローチする自費出版会社や、出版と言いながら契約したら情報商材だった話しなどを、よく聞きます。
インターネットの普及で商業出版へのチャンスだけではなく、それ以外の悪徳会社からの魔の手に晒されるリスクも増えてきたように思います。
今回は、その出版コンサルタントや出版プロデューサーなどの職種の方々から優秀な方を見分けるポイントをお話しします。
ポイントは大きく分けて3つだと思います。
○その出版コンサルタントや出版プロデューサーの経験、実績
(点数、出版社、著者、代表作、得意ジャンル)
○その出版コンサルタントや出版プロデューサーのキャッシュポイント
(サービス内容と報酬、支払い条件、メインのキャッシュポイント)
○その出版コンサルタントや出版プロデューサーの職務範囲
(企画書チェック、出版社への売り込み、執筆時のフォロー、販促のサポートなど)
あまり具体的に書いてしまいますと、個人攻撃に成りかねないので、このくらいにしておきますが、とにかく、これらをよく検討したうえで、お願いするようにしましょう。
それでも、最終的には会って判断することをオススメします。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年10月2日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

東京で出版グループコンサルをやります

福岡で開催した出版セミナーではセミナー+グループ面談という形態で行い、かなりの手応えを感じ、今度はグループ面談のみの形態で行うことになりました。
しかも、今回は現役書籍ライターであるみきちん@猫好きライター さんと趣味起業の【趣味起業】コンサルタント@西田 さんとのジョイントです。
都内近郊には、たくさんの出版プロデューサー、出版コンサルタント、出版コーディネーターなどの肩書きを名乗る方が活動されております。
そこで、弊社といたしましては、都内近郊はそういう方々にお任せして、できるだけ地方の方々を応援していく方針に決定しました。
なので、今後、都内近郊で出版セミナーを行う予定はありません。
そういう意味では、都内近郊で弊社との接点をもてる数少ないチャンスです。
もし、本気で「本を出版したい!」とお考えでしたら、是非、ご参加ください。
・日時 10月8日(木) 18時半~
・場所 ゲートシティ大崎 スターバックスセミナールーム
・定員 15名(少人数制)
・料金 1万円(税込)
申し込みフォームはこちら です。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント