出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2009年11月19日

テーマ:出版社への売り込み

本の企画の売り込みは編集担当者と会おう

出版社や編集プロダクションに企画を売り込む時は、できる限り、担当者に会うようにしましょう。
企画書をメールで送ると、その企画書が全てです。
その企画書だけで判断されることになります。
さらに、あなたの人柄すらも企画書やメールの文面だけで判断されることになります。
もしかしたら、ほんの少し切り口を変えるだけで企画は通る場合もあります。
しかし、会わないと、その切り口での執筆が可能かどうかの判断ができないため、企画はボツになりかねません。
担当者と話しをすることで、その企画は、より売れそうな企画に進化していきます。
そして、話しをしているうちに、あなたの実績や経験から、もっと面白い企画に切り替わることもありま。
こういうコトは、会って話しをしないと広がらないものです。
現に、私もお会いしたからこそ通った企画はたくさんあります。
なかには、ノープランでただ本を書きたいという方とでも、話しをしていくうちに企画としてまとまったこともあります。
そして、会わなかったから通らなかった企画も多いのです。
人柄についても、企画が通れば、その方と仕事を一緒にすることになります。
仕事をする以上、互いの信頼関係は不可欠です。
しかし、会わないと、メールや企画書の文面でその方の人柄を判断するしかありません。
この方は、「ちゃんと文章を書ける方なのだろうか?」「締め切りは守ってくれるだろうか?」と何かと不安は募ります。
その判断ができないと、たとえ企画は通っても、信頼できるか分からないということで、ボツになることすらありえるのです。
会って話しをすれば、ほんの少しの時間でも、その不安を払拭できますし、そこに信頼関係が芽生えれば、より強固な協力を得られるかもしれません。
(逆により不安になることもありますが…)
わざわざ会いに行くのは面倒かもしれません。
それでも会いに行く価値は、十分にあるのです。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年11月18日

テーマ:近況報告

算命学ってご存じですか?

先日、東京での出版グループコンサルにご参加いただいた紅星さんが、生年月日から様々なことを導き出す『算命学』で私の性格診断をしてくれました。

詳しくはこちら

個人的には、こういう占いのようなものは信じないのですが、ことごとく言い当てられてビックリしました。

「小さい頃にご両親の仕事の関係などで引っ越しが多い」

「子供の頃は、いろんなものに興味を示しては、次から次へとその対象が移っていったのでは」

…などなど。

お恥ずかしながら、その通りです。

そして、今の私の星にこの出版プロデュースという仕事はピッタリなんだとか。

今は、夢を追いかけて旅する時期らしいので、夢やロマンを心に抱きながら前進することで、さらに運は上昇していくそうです。

ただ、今後は自我の星が強く稼働するようになり、年を取るほど頑固になっていくという傾向が出るらしいので、気をつけたいと思います。

もし、皆さんも興味がありましたら、鑑定してもらってはいかがでしょうか?

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年11月18日

テーマ:書籍の企画書の書き方

本の出版には企画書で「あんた何様?」と思われないことが大事

企画意図には、当然、この企画を立てた意図が書いてあるのですが、そこに「あんた何様?」と言いたくなる文面をよく見かけます。
もちろん、そこは私見で構いません。

しかし、やはり、それを書くだけの実績や肩書きが必要なのです。

その実績や肩書きについては、「著者プロフィール」で判断します。

そこで、説得力を持たすことができなければ、何を書いたとしても真実味がありません。
とくにあなたの企画書を読む出版業界の方々は、常に情報収集をしておりますし、著名な方とのコネクションもありますので、嫌な言い方をすれば、一個人の説得力の無い私見に耳を傾けている暇はないのです。

ただ、逆にあまりに謙虚だと、著者として自信が無いと思われてしまうので、ここはバランスが大切です。

もし、そのバランスが難しいと思うのであれば、周りの人の意見に摩り替える方法もあります。

たとえば、「私の周りでは、こういう意見が多いので、こんな企画を立ててみました」とか…。

この「周り」も、ある程度の説得力がもたせられる立場の人である必要があります。
自分の意見として書くから角が立つのであって、周りに言われていることにしてしまえば、自分では思っていなくても事実として話すことができます。

そうすることで、比較的、角は立たないはずです。

いずれにしても、あなたの企画書を読む方が「あんた何様?」と思うことがないように注意してください。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント