出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

出版プロデュース実績

ご訪問ありがとうございます。

あなたの商業出版の夢
サポートいたします。

2018年9月26日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

【山形遠征 第二弾!】出版企画勉強会in山形

翌日は出版企画勉強会です。
出版実現セミナーは座学ですが、出版企画勉強会はグループコンサルティング形式となります。
勉強会という名だからと言って、ゆるい感じなのではありません。
むしろ勉強会の方が本気度が高いです!

私は、それぞれが出版したい企画よりも、出版してどうなるのか、そのためにどんな企画で出版するべきなのかというアプローチを取っています。
そうでなくては、著者が売る気にならないことを知っているから…。

なので、皆さんに現在地点と自分が目指す到達地点を聞くようにしています。

 

 

ただ、多くの人は自分の現時点に引きずり込まれがちで、あまり大局で見ることができません。
今、これをしているので、こんな本…というのは、たいてい間違っているというか、もったいない話しで、そこはブログで十分だから、その先を考えると…みたいな話になります。

結果、出版企画勉強会のはずがビジネスのグループコンサルティングみたいに…。

でも、幸せな著者人生を歩んでいただくためには、本当にこういう思考が大切なんです。
出版を目指すなら、絶対にまずは自分のビジネスを整えなくっちゃ。
ビジネスが脆弱だと、いくら出版できたとしても、その先がグダグダになっちゃいますからね。

 

 

おひとり以外は、全員企画に落とし込めました。
あとは、まとまった企画を企画書に落とし込んで送っていただくだけですからね。
頑張っていきましょう!

 

終わった後は、有志で飲みながらの慰労会。
美味しい日本酒を呑んだら、たいていのことは忘れますね。

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年9月25日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

【山形遠征 第一弾!】出版実現セミナーin山形

先週は金曜日から山形入りして、出版実現セミナーを開催していただきました。

主催は、今年に出版された三浦親子です。

 

 

出版した本はこちら。

 

 

今年から出版実現セミナーは10時開始なので、家を6時には出なければなりません(汗)
新幹線で仮眠をとって、朝からテンション高めに会場入りしたら、もっとテンションが高い参加者にビックリ!

今回は、山形以外からの参加者も多く、なかなか個性的なメンバー。
すぐに出版できそうな人から、これから出版に向けて準備が必要な人、絶対に出版できそうもない人まで素材も様々だし、すぐに出版したい人から、いつかは出版したい人、すでに自費出版に向けて10ページほど原稿を書かれている人まで状況もまちまち。
とにかく個性的。

そんな皆さんにまずは出版業界の実情を等身大で把握していくためのお話しをさせていただきました。
出版業界はあまり中の情報がもれてこないだけに、皆さん勝手に凄い人しか出版できないと思い込んでることが多いですからね。
そういう思い込みを解いて、等身大で見たときに、意外と出版は難しくないことに気づけます。

各自自由に昼食をいただき、午後の部。
午後の部では、実際に出版を実現するための具体的で実践的な出版企画書の書き方と出版社への売り込み方のノウハウです。
この内容を実践したら、誰でも自分の力だけで出版できるはずです。

あとは、どうやって二冊目、三冊目につなげるのか、本が売れたのにも関わらず、二冊目、三冊目につながらない理由などもお話ししました。

 

 

セミナーが終わったら懇親会。
個人的には、ここからが本番です!

本当なら、皆さんから出版への意気込みを聞いたり、個別の質問に答えたり、いろいろアドバイスしたり…という感じなのですが、今回はある意味で過去最高に盛り上がったのではないでしょうか?

出版の裏話を聞けると思っていた人には申し訳ありませんでしたが、まぁ、あれはあれで楽しかったということで…。
ちなみに、懇親会が終わった後にこんなに丁寧に手を洗ったことはありません(笑)

 

 

そして、翌日の出版企画勉強会に続きます。

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2018年9月22日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

【東京開催 第二弾!】出版企画勉強会in東京

翌日は出版企画勉強会です。

出版企画勉強会では、出版する目的を明確化して、そのためにどんな企画で出版するべきかをみんなでブラッシュアップしていきます。
目的なく出版しても、自分で売る気にならず、結果、当然売れないので、一冊で終わってしまう著者になってしまいますからね。

たんに出版したいだけなのなら、自費出版をお勧めしています(笑)
だって、自分が売る気にならない本を出版するなんて、出版社に対してこれほど失礼な話しはありません!

出すべき企画が決まったら、あとは採用されるための切り口を模索します。
そのためには、今、自分が選ばれている理由を紐解き、その理由をげんごかするところから。
これができないと、切り口を見つける糸口が見つからないですからね。

出すべき企画が決まったら、あとは企画書を書くだけですね。
皆さんから企画書が届くのを楽しみにお待ちします!

 

 

ちなみに、次回の東京開催は、10月20日、21日の予定です。

 

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント