出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

カテゴリ:書籍を出したい

2012年6月15日

テーマ:書籍を出したい

あなたは出版するための“意志”と“覚悟”はありますか?

私は、出版実現セミナーで、必ず、言うことがあります

それは、出版する上で必要なのは、“意志”と“覚悟”だということです。

過去記事にもありますね。

何でこんなことを書いたかというと、実は、先日、中山マコトさんに新刊を献本いただきました。

本の中で私のブログをご紹介いただいたからです。

それが、この本。

フリーで働く! と決めたら読む本/日本経済新聞出版社
¥1,575
Amazon.co.jp

せっかく献本いただいたので、ブログで紹介しなくては…と、思って、読み始めました。

内容は、フリーランスのあり方について書かれており、それはそれで大変参考になります。

私が独立した時にこういう本があれば良かったのに…と、本気でこれから独立する人に嫉妬するほどです。

ただ、読み進めていくうちに、この本で本当に伝えたいことが分かりました。

それは、『自らの人生に、常に、主導権を持つこと!』です。

主導権を持つということは、自分の言動に自分で責任を持つということであり、そのために求められるのは、“意志”と“覚悟”ということになります。

逆に言えば、立場や肩書きに関係なく、『自らの人生に、常に、主導権を持つこと!』ができれば、誰でも自由を手に入れることができるということです。

もっと言えば、『自らの人生に、常に、主導権を持つこと!』ができれば、会社員であっても、いつでも会社を辞める、辞めないを自らの判断で自由に選ぶことができるということです。

これって、凄いことだと思いませんか?

だからこそ、私は、フリーランスになった人よりも、多くの会社員の人にこの本を読んで欲しいと思いました。

そうすることで、少しでも会社に隷属している人が解放されたら、日本はもっと明るくなりますからね。

そして、自分の言動に自分で責任を持つことができ、そのために必要な“意志”と“覚悟”を持つ人が増えれば、もっと出版もしやすい環境になるでしょうしね。

尚、今ならお得なキャンペーン中です。

私も特典に協力させていただきましたので、是非、ゲットしていただけたらとおもいます。

フリーで働く! と決めたら読む本/日本経済新聞出版社
¥1,575
Amazon.co.jp
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2012年2月20日

テーマ:書籍を出したい

あなたの企画が売れる根拠を考えてますか?

本を出版したら、その本は売れなければなりません。

本が残る著者側はいいかもしれませんが、企画書を読んで採用し、信じて出版に踏み切った出版社に迷惑をかけるだけですからね。

だったら、企画を立てる段階で、その企画が売れる根拠を考えてみてください。

本が売れるということは、本屋さんで選ばれるということです。

つまり、同じジャンルの棚にある全ての本がライバルであり、そのライバルの中から選ばれなければならないということになります。

では、あなたの本が選ばれる理由は何ですか?

この質問に答えられないのに、出版社に企画書を持っていくということは、出版社に対して失礼ですよ。

だって、売れると思えていないってことですからね。

なので、自分の企画をより昇華させることも大事ですが、売れる本にするために工夫をすることも大事なんです。

売れる本に公式はありませんし、あなたの出したいジャンルでの正解となるような本のイメージもありません。

だったら、すでに出ている既刊書から、「この本はどうして売れたのか?」「どうしたら選んでもらえるのか?」ということを徹底的に研究しかないんです。

でも、そういう目で本屋さんの本を読み比べてみると、だんだんと見えてくるんですね。

そしたら、そういう本を作るために、何をすればいいのかを考えて、あとは企画書を書くだけ。

でも、ここまで考えて、自分なりの“売れる根拠”を掴むことで、企画書から自信が伝わってきます。

そういうのは、読めば分かりますし、そういう企画書は通したくなるものです。

是非、あなたの企画が売れる根拠を考えてみてください。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2012年1月27日

テーマ:書籍を出したい

正しい出版の方法を知りたくないですか?

出版したいと思った時、正しい出版の方法を知っていれば、誰にも頼らずに出版することは可能です。

ただ、その方法を知らないばっかりにヘンな詐欺的出版プロデューサーのカモになってしまっています。

思えば、正しい出版の方法って、どこにも書いてないですし、誰も教えてくれません。

そうは言っても、正しい出版の方法なんて、それほど難しいコトではありません。

価値あるコンテンツを、必要としている出版社に、最適な形で届ければいいんです。

そのためには、どういう形での出版を目指すのか?という出版形態を最初に決める必要があります。

そして、自分のリソースの中からネタを見つけ、最適な切り口を考え、出版企画書に落とし込むんです。

あとは、そのコンテンツに最適な出版社を選び、適切な方法でアプローチします。

これで、あとは編集会議の結果を待つだけです。

編集会議でNGだったら、最初からやり直して、トライ&エラーを繰り返します。

逆に編集会議でOKだったら、今度は産みの苦しみである執筆です。

書き終わって、本が発刊されたら、今度は販促になります。

出版は、あくまでも、出版することがゴールではなく、たくさんの人にコンテンツを届けることがゴールなので、販促まで意識するのは当たり前です。

正しい出版の方法を簡単に説明すれば、こんな感じです。

ただ、そうは言っても、これだけじゃ実践できないですよね。

実際、それぞれのパートでいろいろなノウハウがあり、それを知らないと門前払いなんてこともありますからね。

そこで、今回は、文字でそのノウハウを伝えるのは困難と判断し、DVDにしてみました。

編集プロダクションの社長として15年以上本を作り続けてきた私が、出版業界を内側から解説する講義を収録しました。

そして、その講義を実際に20冊以上の著書をお持ちの中山マコトさんにその場で聞いていただき、実際のところはどうなのかという部分を著者側の立場から質問していただく対談形式の構成になっております。

つまり、出版業界側の立場から正しい出版の方法を説き、著者の立場から質問を投げかけるという、最も効果的な内容となっております。

もし、ちゃんとした正しい出版の方法を知りたい方は、是非、ご覧ください。

こちらからご購入いただけます。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント