出版をする場合、企画書を書き、それを持って出版社や編集プロダクションに売り込みをします。
ただ、その場合に持って行く企画書のとらえ方が、書いた人間と読む人間とでとらえ方が違うように思います。
企画書を書く場合、ほとんどの方が、「こんな形態で本を出したいなぁ~」と漠然とイメージしながら書くことでしょう。
それは、著者の希望なのだと思います。
しかし、企画書を読む場合、「この著者は、このような形態でしか本を作りたくないんだぁ~」と思いながら読みます。
つまり、著者の条件だと思うのです。
このとらえ方の違いがどういうことになるかというと、企画書を書いた人間はあくまでも希望なので、譲歩するつもりであっても、読む人間は条件だと思って読むので、その企画書で進行可否を判断することになるのです。
具体的に言うと、企画書に「ハードカバーの本」と書いてあったとします。
企画書を書いた人間は、あくまでも「ハードカバーの本」が希望であり、そうでなくても構わないと思っていることと思います。
しかし、出版社は「ハードカバーじゃなきゃ嫌なんだぁ~」と思い、「ハードカバーじゃなきゃ本になるかもしれないけど、ハードカバーじゃ原価も上がるし、無理だな」と判断します。
結果、そのすれ違いで、本になるチャンスを逃すことになるのです。
これはカバーの話しに限らず、色(オールカラー)やページ数、判型などにも同じことが言えます。
もちろん、内容についても同じコトが言えるでしょう。
では、どうすれば良いかと言うと、このあたりのコトは書かないというのは手ですし、書いても「希望」と書き加えても良いでしょう。
いずれにしても、これが条件ではないコトが分かるようにし、譲歩する余地があるコトが伝わるようにした方が良いと思います。