出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

カテゴリ:執筆時の注意点

2012年2月15日

テーマ:執筆時の注意点

共著のメリットとデメリット

本を出版するときに、“共著”という方法があります。

読んで字の如く、二人以上で共同して原稿を書くことを意味します。

二人以上で原稿を書くということは、効果が2倍以上になったり、1/2以下になったりするんですね。

では、どういう場合に、どういうメリットとデメリットがあるのかということを、シチュエーションごとに説明していきます。

まず、企画を通す段階です。

これは、共著をする相手によって効果も変わってきます。

相手が自分より有名な場合、相手の名前を併記することで企画が通りやすかったりします。

逆に、相手が自分より無名な場合、相手をティーアップして上げることになりますので、恩を売れるはずです。

ただし、共著の場合の多くが、どこを誰が書いたのかが書かれておりません。

なので、本来は自分のノウハウなのにも関わらず、共著者のノウハウに思われる場合があるので、注意してください。

もちろん、逆もありますけどね。

次に執筆期間中です。

原稿は共著者がそれぞれ書きますので、原稿を書く手間は減るはずです。

しかし、共著者との文体や論調などを統一させる作業が増える場合もあります。

原稿執筆の段階では、お互いが何について、どうやって書くかをしっかり打ち合わせをしないと、相手が書くだろうとお互いに思ってしまったり、その逆だったりして、いろいろ問題になったりします。

原稿執筆中は、相手の挙動が見えないだけに、お互いの信頼関係を試されるような局面もでてきますね。

印税や原稿料に関しては、共著者で分配になりますから、当然、受けとる金額は減ってしまいます。

書いた比率で分配するというのが一般的です。

他にも、原稿執筆のモチベーションや原稿厳守に対する責任感、本の販促に関する意気込みなどメンタル面に関しては、共著者のことを思うと下手なことをできないと思う反面、共著者がやってくれるだろうと希薄になる場合もあります。

最後に出版後の話です。

共著だと、共著者の名前で本が売れる場合もありますが、逆に共著だとその人のウエイトが低いと思われて売れない場合もありますので、あまり売上を期待して共著をするのはお勧めできません。

販促に関しても、お互いに相手任せになるケースが多いようですしね。

売上以外の本を出した効果については、本来、自分だけでは出版できない内容を共著で出版することで、その分野においてもブランディングすることができます。

嫌な言い方ですが、場合によっては、自分が書いたオリジナルのノウハウなのに、共著者のノウハウと勘違いされて、ブランディング上、そのまま横取りされることもあるようです。

他にも、冊数を多く見せる効果もありますし、そのことに詳しくても、誰が書いても似たような内容にしかならないのであれば、少しでも共著者に書いてもらえる方が楽だという考え方もありますね。

ただし、本を発刊後に共著者と揉めると大変なことになります。

増刷する場合は、共著者の許諾も必要になりますので、相手が拒否されたら、その本は増刷できなくなってしまうか、もしくは、相手が書いた部分を全て書き直して改訂版として出すしかありません。

こうして考えると、ポイントは、権利関係(著作権、印税)、気持ち(モチベーション、責任感)、労力、効果などですかね。

出版はスタートしたら、最後まで共著者と一蓮托生です。

例え火の中、水の中、絶対に最後まで一緒にやり抜く覚悟がないと、なかなか難しいというのが私の印象です。

実際、共著の成功パターンも少ないですからね。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2012年1月17日

テーマ:執筆時の注意点

ブログの文章力を向上させたいなら

今までも、よく「文章力を上げるのに何か参考になる書籍はありませんか?」と訊ねられました。

私は、その度にこの本を紹介しています。

日本語の作文技術 (朝日文庫)/本多 勝一
¥567
Amazon.co.jp
実戦・日本語の作文技術 (朝日文庫)/本多 勝一
¥588
Amazon.co.jp

この本は、私が出版社に入社した時に、真っ先に読まされた本です。

基本的には、この本に書かれていることが身についていれば、文章力は問題ないと思います。

そもそも、文章に正解はありませんので、基本を押さえていたら、あとは書き手の個性ですからね。

で、先日の記事力アップ合宿の課題図書でもこの本を紹介させていただいたのですが、いろいろ言われてました(汗)

「文字が小さい」とか、「読みにくい」とか、「難しい」とか…。

確かに出版業界に身を投じるのであれば、これぐらいは読んでもらいたいところですが、たんに文章力を上げたいぐらいだと敷居が高いのかもしれません。

そこで、上記の本の内容をさらにやさしく解説した、この本を合宿では紹介し直しました。

分かりやすい日本語の作文技術 大活字版/本多 勝一
¥1,500
Amazon.co.jp
中学生からの作文技術 (朝日選書)/本多 勝一
¥1,260
Amazon.co.jp

ただ、先日、本屋さんに立ち寄った時、ふと目に付いたのがこの本です。

記事力アップ合宿の直後だったということもあり、いつもなら手に取らないであろう文章術系の本を手に取り、立ち読みをしました。

すると、この本、いいです!

文章が苦手な人、ワンランク上の表現方法を身に付けたい人は必読のノウハウが満載です。

興味がある人は、是非、読んでみてくださいね。

伝わる!文章力が身につく本/小笠原 信之
¥1,260
Amazon.co.jp
伝わる!文章力が豊かになる本/小笠原 信之
¥1,260
Amazon.co.jp
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2011年2月16日

テーマ:執筆時の注意点

パソコンで原稿を執筆する以上、リスクも視野に入れておきましょう

出版が決まったら、原稿の締め切りが設定され、その締め切りはいかなる事態に陥ったとしても守らなければなりません。

以前、この記事 で、パソコンで執筆される方のリスクについて書いたことがあります。

パソコンで執筆する場合のリスクというのは、ウイルス感染やパソコンのフリーズ、保存ミス、他にもハードディスクがクラッシュしたり、パソコンを車上荒らしで持っていかれるなどです。

実際、こういうトラブルは生じます。

でも、締め切りは守らなければなりません。

では、どうすればいいのかといえば、常にそのリスクを意識して、リスクヘッジをしておくということです。

パソコンのファイルを守るということであれば、クラウドが最適ですよね。

クラウドというのは、インターネット内にある仮想ハードディスクにファイルを格納することで、何時、何処からでも、その仮想ハードディスクにアクセスすることで、その中に保存されているファイルを取り出すことができるというものです。

そして、その最強のクラウドツールといえば、“Evernote”です。

もし、現在、原稿を執筆していたり、執筆する予定があるのであれば、必ず、Evernoteを使うようにしましょう。

Evernoteはとっても便利なので、今のところ出版する予定はなかったとしても、覚えておいて損はありません。

ビジネスでも、プライベートでも、間違いなく役に立ってくれるはずです。

もし、Evernoteの使い方が分からない方は、こちらの書籍がオススメですよ。

EVERNOTEでビジネスを加速する方法/浅井 達也
¥1,449
Amazon.co.jp
この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント