出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

カテゴリ:企画が編集会議で通過

2016年10月21日

テーマ:企画が編集会議で通過

福岡での出版実現セミナーに参加してくださった矢野朋義さんと密本花桜さんの企画が出版決定!

先日、一冊、出版が内定しました。

著者は、矢野朋義さんと密本花桜さんです。
実は、このお二人はご夫婦で、今回はご夫婦での共著となります。

実は、お二人とも出会いは随分昔です。
矢野さんとは、羽根田さんがされていたアフィリエイト塾のセミナーで出会いました。
いろいろなツールを作っていただいたりした間柄です(笑)

密本さんとは、2012年にあったアフィリエイターさんの飲み会に参加したときに出会ってます。

 

15208_442563629125593_1769980326_n

 

お二人とも、当時は出版なんて全く興味をお持ちじゃなかったのですが…。
今回、時枝さんのお口添えもあり、著者になっていただくべく、セミナーにご参加いただき、無事に企画が通りました。

こういう他で知り合った人の本を担当するというのは、何だか照れくさいのですが、内容的には弊社の得意分野でもありますので、いい本にするべく、しっかりとサポートしていきたいと思います。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2016年10月5日

テーマ:企画が編集会議で通過

ヴォルテックスでの出版実現セミナーに参加してくださった水田安美さんの企画が出版決定!

先日、一冊、出版が内定しました。

著者は、水田安美さんです。
水田さんは、ジュネーブ国連でスピーチした経歴を持つ愛国女子です。

 

ジュネーブ国連スピーチ全文はこちら

 

ご自身もおっしゃっておりますが、水田さんは日本が好きすぎて、歴女を越えた愛国女子なんだそうです。
人は何でも突き詰めたら、その先に広がる世界があります。

水田さんにとって、このジュネーブ国連でスピーチしたということもそうですし、今回の出版が決まったのもそうだと思います。

今回の企画が決まった経緯は、実はブログ。
私は、出版実現セミナーに参加してくださった訳ですから、水田さんのブログを拝読しておりました。
で、そこに書かれていた記事を編集者との世間話の中で、「参拝って、本当は三礼三拍手らしいですよ」と紹介したのです。
で、すぐに「それ本当?」ということになり、その場でブログを見せて、そこに書かれた裏付けの数々(マニアならではの見聞)、「これは面白い子だね」となり、企画を詰めることになりました。

 

三礼三拍手のブログ記事

 

なので、通常のように出版企画書を書いてから売り込むというより、先にエッセンスを話して興味をもってもらい、そこから企画を考えて行ったという流れです。

こういう話しを書くと、「そういう流れもアリか!」と思う人もいらっしゃいますが、大事なのはそこじゃないですよ!

私の記憶に残るぐらいのインパクトのあるブログ記事を書き、編集者に評価されるだけのマニアックぶりがあってなせるワザですから。
そこを勘違いしないでくださいね。

まぁ、いずれにしても、芸は身を助けるじゃないですが、何かを突き詰めるとその先に広がる世界があるということは間違いないんじゃないかなぁと思います。
もちろん、中途半端な突き詰めではダメですけどね。

ということで、ここからは皆さんの目が覚めるような、そして、もっともっと日本を好きになってもらえるような本にしていこうと思います。
しばらく、産みの苦しみが続きますが、しっかりサポートしていく予定です。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2016年8月19日

テーマ:企画が編集会議で通過

名古屋の出版実現プロジェクトに参加してくださった高橋順彦さんの企画が出版決定!

先日、一冊、出版が内定しました。

著者は、高橋順彦さんです。
高橋さんは、昨年、名古屋で開催した出版実現プロジェクトの参加者さんです。

 

o0800060013518057355

 

出版実現プロジェクトは、今までのように出版実現セミナーに参加してもらった後に参加者さんの行動力に委ねるのではなく、出版の準備段階からガッツリアドバイスするグループコンサル制で出版実現を目指すためのプロジェクトです。

ガッツリ関わるので、当然、高額になってしまいますが、出版実現するまで永久サポートしていきます。

そのメンバーさんの出版が決まりました。
これで自分のやり方が間違いないと実証されましたしね。

これからも、参加された全員を出版実現へ誘っていきますよ〜

ということで、今度は高橋さんの産みの苦しみをサポートしていきます。
少しでもいい本になるように、二人三脚で取り組む予定です。

 

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント