出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

カテゴリ:近況報告

2009年9月28日

テーマ:近況報告

福岡と大阪に出張します

今月の28日と29日に福岡と大阪に出張することになりました。

28日に福岡入りして、打ち合わせ&呑み会、そして、そのまま宿泊。

29日の午前中に大阪入りして、11時からホテルグランヴィア大阪で某会員制クラブの講演会に参加します(講師が元・聖飢魔IIのドラマーの方だそうです。これで何の集まりかバレちゃいますね。)。

で、懇親会に参加して、14時には終了の予定です。

もし、その後、大阪で時間がある方がいらっしゃったら、連絡ください。

ホテルグランヴィア大阪の1階にある喫茶店でお茶でも飲みながら、簡易出版相談会をしようと思います。

新幹線の切符は、当日にとりますので、28日中までなら大丈夫です。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年9月24日

テーマ:近況報告

なぜ本は売れないのか

皆さんが目指す『出版』のもう一つの側面が、このニュースにあります。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/304253/

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/art/304274/

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/retail/304615/

出版業界と大きなくくりでは一つの業界ですが、そこにはさらに細かい業界がいくつも存在しています。

そのそれぞれの細かい業界で利権争いが行われ、その結果、絶妙なバランスで今の仕組みができあがったのですが、すでにその仕組みも歪ができているのが実情でしょう。

こういう問題点をどう解消していくのかは、出版業界の課題なのかもしれません。

もし、皆さんが『出版』を目指すのであれば、この側面も知っておいて、損は無いでしょう。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2009年9月5日

テーマ:近況報告

写真で稼ぐ方法

表題について詳しいcj中嶋さんに誘われて(?)トワイライトエクスプレスに乗ってきました。
行く前までは、「何で札幌から大阪を経由して東京にもどるんだろう?」とか思いながら乗車したのですが、トワイライトエクスプレスのスイートルームは意外や意外、凄かったです。
まず、スイートルームというだけあって、いろいろな設備が設置しれています。
しかし、当然のことながら、部屋はスイートルームといえど、それほど広いわけではありません。
それを、空間を上手く利用して設置されたのは、まさに機能美です。
とくに半畳ぐらいのスペースにトイレ、洗面所、シャワーがまとまっていたのは圧巻でした。
このドキドキは、子供の頃に秘密基地で遊んだ感覚に近いです。
たぶん、キャンピングカーなんかにも通じるものがあると思います。
トワイライトエクスプレスのサービスも充実していて、素晴らしかった。
これは、トワイライトエクスプレスをJR西日本が運営していることに起因しているそうです。
詳しい話しは、cj中嶋さんの鉄ビズ
にいつか書かれると思いますので、そちらをご覧ください。
途中、青函トンネルを通ったのですが、凄かった…自分がこんなにトンネルに魅了されるとは思いませんでした。
これだけは、今でも謎なぐらい、青函トンネル内には魅了されました。
寝台車の旅は、楽しいですね。
移動時間のスピードに不満があったのですが、結局、寝ている間に移動していると思えば、移動時間も気になりませんからね。
今後の出張などの移動では、手段の選択しに“寝台特急”は加えたいと思います。
というか、逆に“寝台特急”で行けるところに出張できるように頑張りたいです。
結局、全く鉄道に興味の無かった私ですが、寝台特急だけは好きになりました。
これだけ堪能した後の新大阪ー東京の新幹線の味気ない感じは、少し寂しかったです。
ま、そもそもの目的が短時間での移動ということだと思いますので、仕方ないんですけどね。
あ、そうそう、合計23時間も乗っていたのですが、仮眠の3、4時間以外は、ズーッとお話ししました。
出版の企画の話しにはじまり、業界の話し、今後の話し、周りの話し…そして、当然、電車の話し。
話しのネタが尽きることなく、熱い23時間でした。
家に帰ってきてからも、体より喉やアゴの筋肉の方が疲れているぐらいです。
最後に、cj中嶋さん、本当にありがとうございました。
とても楽しかったです。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント