出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

カテゴリ:戦略的出版セミナー情報

2010年10月13日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

福岡での出版戦略セミナーは、いろいろ感無量でした

10月11日は福岡で出版戦略セミナーを開催しました。

今年の春からは、出版グループコンサルは自社主催、出版セミナーは他社主催で講師として派遣というスタイルをとっておりましたので、久しぶりの自社主催による出版セミナーでした。

しかも、福岡でのセミナーは1年ぶりぐらいです。

今回の開催理由はこの記事 にも書きましたが、元々、福岡が大好きなので、念願の福岡でのセミナー開催に感無量でした。

ただ、前日のこの記事 のセミナーで、周りの方に「福岡で1万円のセミナーは高い!」「よく1万円で集客できましたね」と言われていたので、参加された皆さんに満足していただけるか、ちょっぴり不安でしたが…。

でも、やる以上は、一生懸命やるだけです!

私のセミナーは、ヘンな期待は一切させません。

“出版の実現”ということにこだわり切っていますので、甘く考えている人は夢を砕かれて愕然とするかもしれません。

でも、夢を砕くだけではなく、“出版”をしっかりと目標と見据えて、誰でもできることから“出版の実現”までの道筋をキッチリ説明しますので、あとは参加者の皆さんがやるかどうかです。

しかも、本来なら出版グループコンサルなどの高額サービスへ誘導させるのが常套手段なのかもしれませんが、私の場合は、“出版の実現”ということでお金をいただいて参加していただいているので、このセミナー以降、私がノータッチでも“出版の実現”が可能なぐらい、全てを話します。

一応、私が話せることは、時間内にできる限りお話ししたつもりです。

参加者の皆さんに満足していただけたかは分かりませんが、出し切りました。

あとは、今回の参加者の中から1人でも多くの方が著者デビューを果たされることを期待しています。

それにしても、今回の参加者の中に2名もの方がある自費出版会社から営業を受けていたのにはビックリでした。

詐欺出版プロデューサーも多く存在しますが、自費出版会社も共同出版とか、商業出版もどきみたいなサービスで詐欺的に集客しているようですね。

少しでも出版に関わる悪徳商法の被害者を減らすために、まだまだ私が頑張る余地がありそうです。

セミナー後の懇親会にも、多くの方に参加していただいて一安心でした。

不参加だった1名も、どうしても抜けられないお仕事とのことでしたので、残念ですが仕方ないですね。

懇親会でも引き続き出版の話しや企画書の添削をさせていただきました。

やっと酔いもまわり、いよいよ恒例のPトークか?というタイミングで飛行機の時間になってしまい、主催者である私が最後までいられなかったのは本当に申し訳なく思います(懇親会後もいろいろあったようですし、立ち会いたかった…orz)。

今後は、懇親会後は宿泊するようなスケジュールを立てると、心に堅く誓いました。

早速、セミナーの感想を記事にお書きいただいた方がいらっしゃいますので、ご紹介させていただきます。

もし、記事を書いていただいているのに、ご紹介できていないようでしたら、お手数をおかけして大変恐縮ですが、ご一報いただけたら嬉しいです。

色と香りのセラピスト ふらんきんせんす さん

「見られるブログの作り方」福岡ブログサークル さん

●笑って加速集客for起業家@web笑人 さん

前田 妙 さん

今回、参加していただいた皆さん、本当にありがとうございました。

最後に、お忙しい中、セミナーに遊びにきていただき、貴重な体験談もお話しいただいて、その後の懇親会や私が抜けた後までもお付き合いいただいた、ポキスケさんこと時枝宗臣 さん、本当にありがとうございました。

思えば、最初にセミナーで話す機会を与えていただいたのも時枝さんでした。

当時、まだ慣れずにシドロモドロになっていたのにも関わらず、何度も話す機会を与えていただけたので、今の私があります。

少しは成長した姿を見せれたのでは?と、自負しておりますが、いかがでしたでしょうか。

また、12月のケイズ倶楽部セミナーの講師もお引き受けいただき、ありがとうございました。

引き続き、よろしくお願いいたします。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2010年10月10日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

【満員御礼!】出版戦略セミナーを大好きな福岡で開催します

久しぶりに自社開催の出版セミナーを大好きな福岡で開催することになりました。

基本的に出版セミナーの開催は他人任せなので、次回が何時になるかは分かりません。

今あるチャンスを逃さないでくださいね。

セミナーの内容は、いつもの通り、出版について話しをして、具体的な企画書について話しをして、質疑応答という流れになります。

もし、本気で出版を目指すのであれば、是非、私の話しを聞きに来てください。

実際に私のプロデュースで福岡から4名の著者を輩出しております。

福岡で出版セミナーを開催される方はいらっしゃるかもしれませんが、その参加者の中から実際に著者を排出した方というのは、ほとんどいないはずです。

帰宅後1時間で月5万円稼ぐメルマガ・アフィリエイト/一瀬翔
¥1,365
Amazon.co.jp
ほったらかしで副収入を月10万円増やすしくみ/時枝 宗臣
¥1,575
Amazon.co.jp
人気キャバクラ・チェーンの美人社長が教える女心のつかみ方・引き寄せ方/酒井 千絵
¥1,500
Amazon.co.jp
中高年でもできた!副収入が月14万円儲かるしくみ/辻 正明
¥1,575
Amazon.co.jp

では、なぜ私は4名の著者を輩出することができたのか?

私は出版業界の人間なので、選ぶ側の考え方を知っています。

これは、どんなに有名な著者に聞いても、分かっているいる方はほとんどいらっしゃいません。

そんな人たちの出版セミナーに参加しても、出版を実現させるのは難しいでしょう。

もちろん、最終的に考えるのも、行動するのもあなたです。

でも、答えを知って動くのと、答えを知らずに動くのとでは、スピードが全く違います。

まずは、その答えを聞いてみませんか?

私が知る限り、弊社の出版セミナーは出版への最短距離といえるセミナーであると自負しております。

もし、本気で「本を出版したい!」とお考えでしたら、是非、ご参加ください。

きっと、出版デビューへの最短コースが、このセミナーで見つかるはずです。

では、整理します。

日時:10月11日(月)13:30~16:30(13:30開場)

場所:AQUA HAKATA (福岡市営地下鉄空港線「中洲川端駅」から徒歩2分)

定員:10名 ※最小催行人数4名

料金:1万円(税込み)

お申し込みは、こちらから

当日は、懇親会も予定されております。

お酒を呑みながら、ざっくばらんな話しをしながら、交流を深めたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

もし、出版企画書をお持ちいただけたら、懇親会のときに添削させていただきます。

ただ、その日のうちに帰京しなくてはならないため、懇親会は遅くても19時半までとさせてください。

なお、このセミナーに参加された方で希望する方は、『ケイズ倶楽部 』へ参加できるようにします。

ケイズ倶楽部は、弊社のセミナー、出版グループコンサル、を受けたいただいた方で構成されている承認制グルっぽです。

ケイズ倶楽部に参加することで、今後のセミナーは無料で参加できますし、出版グループコンサルも割引価格で受講することができます。

他にも、グルっぽ内のスレッドで出版に関する様々なサービスを提供しております。

では、少し先ですが、福岡で皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2010年9月21日

テーマ:戦略的出版セミナー情報

第四回出版グループコンサルはなぜか半分が大阪以外の方でした

弊社の出版グループコンサルは、皆さんの投票によって開催場所を決めています。

それは、積極的に参加したいと思っている方々に少しでもたくさん参加してもらいたいからです。

そして、今回も投票によって大阪開催に決まりました。7月にも大阪でやったのに…。

ところが…、参加された方々の半分が、なぜか標準語でお話しされているではありませんか!

よくよく聞いたら、どこでやることになっても参加されるつもりだったそうです。

だったら、お近くで投票してくれればいいのに…。

(こちらの想定以上に積極的だったようです(爆))

毎回、皆さんの企画書をその場ではじめて見て、その場ですぐに添削するのですが、最初にファイルを開く緊張感は相変わらずたまらないものがあります。

今回は参加された方々の職種は似通っていらっしゃったので、脂汗が出るような事態にはならず、一通り形になったかなぁ~と自負しております。

参加された皆さん、お疲れ様でした。

企画書に宿題が残った方は、必ず、仕上げて送ってくださいね。

できあがった企画書は持ち帰りましたので、ここからが私の仕事です。

早速、売込みを開始しますので、朗報をお待ちください。

私は、セミナーでも『1000部ぐらいは自分で売る覚悟をもってください』と話しています。

著者が1000部を売る力を持つことは、出版する上でかなりのアドバンテージになるからです。

逆に言えば、自分で1000部を売る覚悟ができるなら、出版することはそれほど難しくはありません。

そして、今回の参加者の中から、この覚悟を表明された方がいらっしゃいました。

しかも、私が東京行きのこの電車に乗って帰る直前に…。

出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!-サンライズ

こりゃ、即決で決めるしかないな。

企画書を早く送ってくださいね~。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント