出版コンサルタントが、あなたを最短距離で著者に導きます!

カテゴリ:ブログを出版したい

2010年4月9日

テーマ:ブログを出版したい

ブログでは文章力より編集力が問われます

出版を目指す上で、大前提となるのが文章力と編集力です。

この2つの能力はあることが大前提で、無かったら出版社の編集者は出版させようと思いません。

文章力というのは、表現力や説得力なども含みます。

いずれにしても、イメージはしやすいのではないでしょうか。

難しいのは、編集力です。

編集力というのは、自分のブログをどういう読者ターゲットに読んでもらうかを意識できているか、そして、そのために何をどうすれば伝わるのか、どうやって表現すれば伝わるのか、というようなことを考えられているかということです。

編集力には、ブログタイトルや記事タイトルの付け方などのキャッチコピー力や読者ターゲットやユーザビリティを考えたデザインやレイアウト、配色などのビジュアルのセンスも含みます。

絵文字や改行の入れ方など、記事の読みやすさという意味では、文章力よりも編集力の方が重要かもしれません。

この記事 にも書きましたが、基本的にはブログを見られるときは、あなたは選ばれる側なのです。

開いて、少しでも読みづらかったり、目がチカチカしたりしたら、すぐに次のブログに流れていきます。

つまり、文章力の出番は、ブログを開いたときに、「ん?」と思わせて、記事を読んでもらってからなのです。

これは、小説やエッセイや詩などでも同様です。

編集者は、あなたのファンとしてブログに訪れるのではありません。

あなたのブログの世界観やキャラクターは二の次です。

まずは立ち止まってもらうこと、そして、読んでもらい、評価されなくてはならないんです。

もちろん、あなたのブログの世界観やキャラクターにほれ込んだファンの方もいらっしゃいますので、出版ばかりを意識しすぎて、ファン方々に離れられてしまったら本末転倒です。

なので、その加減も含めて、編集力と考えるといいでしょう。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2010年4月9日

テーマ:ブログを出版したい

ブログを本にする方法

このブログでは何度も書いてますが、ブログの記事を本にするのは、至難の業です。

自分が有名人で無いのであれば、諦めた方が良いでしょう。

それでも、「ブログを商業出版したいんです」ろいう質問をよくいただきます。

もし、本当にブログを本にするだけなら、各ブログサービスがブログの書籍化サービスをやってますので、そこに申し込むと良いでしょう。

“ブログ 書籍化”で検索してみてください。

ブログサービス以外がやっているサービスはこれ です。

アメブロの場合は、『アメブロde本 』というサービスがあります。

ただし、本というより冊子っぽいですが…。

では、ちゃんとした書籍にするとなると、書店流通型自費出版ということになると思います。

書店流通型自費出版の方法は、書店流通可能な自費出版の会社に依頼するだけです。

ただし、自費出版に何百万も支払うぐらいなら、商業出版をオススメしますけどね。

あくまでも、ブログをそのまま書籍化したい場合の話しです。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング

2010年4月7日

テーマ:ブログを出版したい

あなたのブログには出版社向けのSEOを施してますか?

この記事 で出版社の編集者は、検索エンジンで著者を探しているということを書きました。

今回は、もう少し、掘り下げて説明しようと思います。

一概に検索エンジンで探すと書きましたが、検索エンジンで探す場合は、2パターンあります。

“ネタ”を探す場合と“人”を探す場合です。

今回はテーマを『名刺』にして、説明します。

まずは、“ネタ”を探す場合です。

“ネタ”を探す場合、出版社の編集者は、「名刺に関する面白いノウハウはないかなぁ~」と思って検索します。

つまり、検索ワードは、次のような感じです。

「名刺 工夫」

「名刺 アイデア」

「名刺 ポイント」

など

次は、“人”を探す場合です。

“人”を探す場合、出版社の編集者は、「名刺の専門家は誰かいないかなぁ~」と思って検索します。

つまり、検索ワードは、次のような感じです。

「名刺 専門家」

「名刺 アドバイザー」

「名刺 名人」

など

重要なことは、あなたのブログにこれらのキーワードが盛り込まれているかということです。

だって、ブログに盛り込まれていなければ、検索されても引っかからないですよね。

つまり、出版社の編集者に見てもらえないってことになります。

とくに“人”を探すキーワードは、あなたのブログのメインターゲットには関係ないキーワードばかりかもしれません。

でも、もしあなたが出版を視野に入れているのであれば、こういう発想でもキーワードを考え、SEO対策をしておくようにしてください。

この記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
「この記事は役立った!」という場合には
応援クリックしていただけると嬉しいです!
応援クリックは右のボタン ブログランキング




 編集プロダクション
 編集プロダクション@Facebook
 編集プロダクション@Twitter
 出版プロデュース
 Amazonキャンペーン
 本のプロデュース
 出版の方法
 出版プロデューサー
 出版コンサルティング
 出版コンサルタント