私がプロデュースした、中川千佳子さんの『ママでもひとりでできる お料理の先生になる教科書』が二見書房から発売されました。
中川千佳子さんは、これが初出版です。

そして、只今、まさにアマゾンキャンペーンを展開中~

 

キャンペーンの詳細はこちら

 

 

中川さんは、昨年の11月に出版実現セミナーに参加して、1月に出版が決まり、出版社の意向もあり3月に刊行という異例のスピード出版です。
実は、今回の出版が決まるのにあたり、このスピード出版だということが実は大きかったりします。

スピード出版だということは、短期で原稿を書かなくてはなりません。
そして、原稿を書くためには本人の経験もさることながら、周りのブレインや情報収集できる環境、あとは無理に耐えられること(笑)
そういう意味では、滋賀という立地で、ママとの立場で人気のお料理教室を長期にわたり運営しているという経験と、元ABCクッキングスクールということで同期のブレインや後輩へのリサーチが可能だったということ、そして、ABCクッキングスクールの黎明期を支えたバイタリティーがありましたからね。

実際、一緒に仕事をしてみて、このスピード出版をこんなにも明るく対応してくれた著者さんは、過去を思い返してもいらっしゃらないと思います。
もちろん、本人は辛かったと思いますけどね…。
そして、今回の本は、そういう経緯で完成していることもあり、自分の経験だけではなく、周りの意見を反映させた誌面になっておりますので、痒いところに手の届く内容となっております。
そして、事例も豊富なので、読んでて腑に落ちますね。

こういう周りの意見を反映させる本の作り方は、骨太な実用書を作る場合、とっても参考になると思います。

今回はお料理教室の先生向けに書かれておりますが、内容的にはおうち教室をする方、皆さんに参考になるはずですので、興味のある方は、是非、お買い求めください。

 

キャンペーンの詳細はこちら