この週末は、都内で出版実現セミナーでした。
今回も定期開催してくださっている堀越さんが主催です。

私の出版実現セミナーは、『名刺代わりに出版…』などとは絶対に言いません。
むしろ、そういうコトを吹聴している同業者を一刀両断しています。

だって、名刺にお金を出させられる読者に申し訳ないですし、言われるがままにそんな本を出版してレビューが荒れる著者も不幸ですからね。
もちろん、そんな本が売れるはずもなく、刊行する出版社もいい迷惑です。

なので、著者も、読者も、出版社も喜ぶ三方良しの出版が私の信条。

そのためには厳しいこともいいますが、それを乗り越えて出版できたとしたら、三方良しの出版が実現できているはずです。

 

 

セミナーでは、いつものようにお話をさせていただいたのですが、今回はちょっと熱量が違います。

実は、前夜から吐血を繰り返しており、脱水症状と貧血のような状態だったため、要所要所座らせていただきながらお話をしました。
セミナー中も三回ほど…(汗)

なので、懇親会にも参加できず…。
参加してくださった皆さん、本当に申し訳ございません。

帰宅後、救急車で救急病院に運ばれ、胃からの出血が見つかり、すぐに内視鏡手術で止血。
そのまま朝まで点滴を打って、退院するけど何があっても文句はいいませんという同意書にサインをして、2日目の出版企画勉強会へ。

遠くから参加された人もいらっしゃったので、穴をあけず本当に良かったです。
そして、健康であることのありがたみを痛感いたしました(しばらく、禁酒します)。