昨日は、木暮太一さんと平林周さんによる『出版だけでは儲からない! 著者のためのビジネス構築セミナー』に参加しました。

木暮さんのセミナーにはすでに何度か参加しており、共感する部分が多いので、できる限り参加するようにしています。
今までは、ビジネス書著者さんとして、ベストセラーを作り出すために企画の立て方や売り方のセミナーでしたが、今回は、書籍からビジネスに誘導するような流れに否定的な立場をとっているように思っていたので、私にとっては意外なテーマで、興味津々です。

最初に木暮さんによるパート。
ビジネスにつながる出版の方法についてお話しされたのですが、仕事につながる企画と売れる企画の考え方の違いなど、共感しきり。
どちらかというと、木暮さんのようなビジネス書著者さんがビジネスにつなげる場合の考え方という感じですね。

次に平林さんによるパート。
著者が取り組むべきビジネスの構築についてです。
最初は、「なぁ~んだ、そういうコトね」と思って聞いていたのですが、だんだん引き込まれてしまいました。
詳細な数字で解説された具体性やノウハウの再現性がバツグンによく、これは非常に参考になります。

弊社は、ビジネス書著者希望者より、ビジネスマン著者希望者を相手にすることが多いので、自分のプロデュースの中にも取り込んでいこうと思います。

最後に、セミナー後の雑談の中で、私と木暮さん、参加者の伊勢田幸永さんも元・リクルートということで、しかも、お二人はSビル勤務ということで盛り上がりました。
思わぬ共通点です。
しかも、伊勢田さんには、ご挨拶させていただいた時に「お会いしたいと思ってたんです~」と言っていただいたのですが、同じ時期にSビルに出入りしていたことになりますので、すでにお会いしていたかもしれない事実にビックリでした。

世の中、面白いものですね(なかなか悪いことはできないです(笑))。