昨日、原田翔太さんと長倉顕太さんによるスーパープロデューサー養成講座の説明会に参加させていただきました。

原田翔太さんの処女作は私がプロデュースさせていただいたのですが、当時、原田さんと仕事をさせていただく中で、喧々諤々やりながら、プロデュースをするということを勉強させていただいたような気がします。

ちなみに、その処女作はコレです。

 

22歳の大学生が1億円稼いだ ありえないマーケティング/インデックス・コミュニケーションズ
¥1,575
Amazon.co.jp

 

そして、もうひとりの講師である長倉顕太さんと言えば、業界でも超有名な編集者さんです。
元フォレスト出版の編集長で、10年で書籍累計売上1000万部以上という伝説的な実績をお持ちです。

そんなふたりが、偽物の出版プロデューサーを駆逐したいということで、自らプロデューサーを育てるということで、興味があり、参加させていただきました。
(偽物の出版プロデューサーを駆逐したいという部分は激しく同意です)

最初にお話しされたのは長倉さんですが、まさにオラオラ系の感じ。
私も、よくオラオラ系と言われますが、全く比じゃないですね。
あのオーラ、あの目つき、あの口調…かなりヤバイです!

ただ、いろいろな思いには、同じ出版人として共感しきりでした。

同時にベストセラーを生み出すための覚悟、プロデュースをするということの考え方はさすがですね。
自分の方向性とは少し違いましたが、とても参考になりました。

続いて、原田さん。
長倉さんと同じく、オラオラ系…(凄いコンビです)。

よくよく思えば、原田さんの本を3冊も担当させていただいたのにも関わらず、原田さんのセミナーをお聞きするのは初めてで、とっても刺激でした。

できる、できないは置いておいて、原田さんのスタンスや考え方は好きです。

まだ若いのに、あのカリスマ性と説得力は何なんでしょうね。
それでいて、セミナーが終わると人なつっこい笑顔になる…(天性の人たらしです)。

 

出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

 

金額的にも、是非、参加しようと思ったのですが、すでに決まっていた日程の半分が、すでにセミナーの予定が入っていたため私は断念しました。
久しぶりに逃して残念な講座でしたね。

もし、興味のある方は、こちらをご覧ください。