前日に引き続き、堀越吉太郎さんに主催していただいて、『出版勉強会』です。

ただ、今回は、午前中に有志だけで紀伊國屋で類書チェックの勉強会をしてみました。

けっこう多くの方が、「出版したい!」というわりに本屋さんに行っていなかったり、自分の本が置かれる棚を想定していなかったりします。
もちろん、類書のチェックの仕方が分からないという方もいらっしゃいますよね。

なので、ひとりひとりの書きたい本を聞いて、その本が置かれるであろう棚に行き、どんな本は多くて、どこに狙い目があるのか、そして、その棚で選ばれるようになるためにはどうすればいいのかをアドバイスしました。
皆さん、勉強になったと思います。

その後、昼食を食べながら、市場調査をした感想を聞きながら、さらに自分が出すべき本のイメージを固めていただきました。
(人数が多かったので、勉強会前の腹ごしらえは断念…)

午後からは本番。
出版勉強会で自分の出したい企画をより具体化していきます。

 

562626_493577377391760_1316552310_n

 

前日のセミナーで聞いたことに納得していても、実際に自分の企画に置き換えると、なかなか上手くまとまらない方が多いです。
なので、どんな企画で出版するかを皆さんの前でプレゼンしていただき、それに対し参加者全員でブレストしていきます。

他の参加者にアドバイスをすることで、出版企画の考え方が何となく分かっていただけたのではないでしょうか。

あとはメールで企画書の添削を繰り返し、完成後、出版をきめるだけですね。
今回の参加者さんの中から何人の著者が輩出されるか、今から楽しみです。