先日、一冊、出版が内定しました。

著者は、昨年10月に宇都宮で開催した出版実現セミナーに参加された遠藤裕司さんです。

今回は、セミナー参加者グループで呼びかけて、それに手を挙げていただいたことで決まりました。
弊社のセミナーは、参加後に企画書を書いて提案するだけではなく、こうして逆にこちらから呼びかける場合があるため、必然的に出版実現率も上がるんですよね。

ただ、そうは言っても、無理矢理押しつけたり、その人にとって出版がプラスに作用しない企画の場合は見合わせたりもします。
出版すればいいという考え方ではないところも、弊社ならでは。

そのあたりのコトは、セミナーに出ていただければ納得すると思います。

遠藤さんは、自分の苦手な部分をフォローしてくれるパートナーも見つかったようなので、本の出来にはかなり期待できそうですね。
旬なテーマでもありますし、一緒にいい本を作れればと思います。

遠藤さんは、ご自身の地元の米沢でもセミナーを主催していただけるようですし、今回の出版がいろいろな意味でいい作用を生んでくれたら、私も嬉しいです。

では、頑張っていきましょう!