先日、一冊、出版が内定しました。

著者は、3月に東京で開催した出版実現セミナーに参加された菊池仁さんです。
3月にセミナー参加して、4月に出版企画添削会に参加、6月に出版決定、9月に出版という予定ですので、今回もかなりのスピード出版ですね。

出版セミナーは数あれど、これだけセミナーに参加するだけで出版が決まるセミナーって他にあるでしょうか?

あったら、私が知りたい(笑)

今回の菊池さんの場合、類書に売れている企画があり、そこに出版社が注目していることを私が知っていたため、私のアドバイスがうまくはまった事例ですね。

そういう情報は出版業界の中にいないと、なかなか入ってきません。
出版プロデューサーの多くは、出版業界の中の人ではありませんから、そういうアドバイスができません。
結果、出版実現率が低いという図式です。

私のセミナーではいつも言っていますが、誰でも、しっかりと企画を考えて、適切な売り込みをすれば、誰でも出版することは可能です。
ようは知っているか、知らないかの違いです。

そして、ポイントなのは、ちゃんとした情報を持っているかということ。

ソーシャルメディアだと、言った者勝ちの風潮がありますので、なかなか誰がちゃんとした情報を持っているかということは分かりにくいと思います。
でも、そこを見極める目を持てるかどうかは、出版に限らず、ソーシャルメディアで何かを得ようと思ったら、必ず、必要なスキルです。

是非、本物を見極める目を持ってくださいね。

ということで、菊池さん、一緒にいい本を作りましょうね。
目指せ、ベストセラーですよ~!