三日目の日曜日も織田綾さんに主催していただき、再び、『出版企画勉強会』を開催いたしました。

午前中にチェックアウトでホテルを出なくてはならないため、織田さんのはからいで堺の市場まで昼食をいただきに連れて行っていただきました。

市場で有名な天ぷら屋さんへ。
蛤の味噌汁は、食べた後の殻を床に捨てるという豪快なお店で、絶品天ぷらをいただきました(写真を撮っておけば良かったと、かなり後悔…)。

そして、セミナー会場に戻ると、三日間の疲れを癒やしてくれるということで、前回のセミナー参加者の木村美由貴さんが鍼を打ってくれました。
それにしても、汚い背中だ…。

 

1003287_537122349684609_612844336_n

 

至れり尽くせりの状況から、大阪最終日の出版企画勉強会。

出版企画を考えるなら、まずは自分のビジネスをしっかり考え、どのタイミングで出版を使うのかをしっかり考えなくてはなりません。
そのため、出版のアドバイスのつもりが、どんどん事業展開のアドバイスへ…。

そして、参加者それぞれに、しっかりと出版企画の骨子をまとめ、あとは企画書を書くだけという状態まではできたかと思います。
企画書の添削はメールで完成するまでやり取りしますので、必ず、諦めずに最後まで仕上げてくださいね。

今回、主催していただいた織田さん、本当にお世話になりました。
引き続き、よろしくお願いいたします。

ということで、出版企画勉強会終了後はサンダーバードに乗って、加賀温泉へ。

加賀温泉では、現在、執筆中の田邉智美さんと打ち合わせ。
原稿の執筆状況の確認と、ビフォー・アフターの写真の撮り方を指導させていただきました。

土地柄、温泉宿しかなく、旅館にひとりで泊まり、温泉につかって、再び、ローカル線の原稿執筆。
ここから怒濤の取材旅行に変わります(汗)