先日、一冊、出版が内定しました。

著者は、東京で開催された出版実現セミナーに参加された山口裕一郎さんです。
これで吉田ひろみさんが主催された全ての回から著者を輩出したことになりますね。

ちなみに、山口さんはすでに単著・共著を含め3冊の著書をお持ちで、5月には4冊目の著書も発刊されるんだとか…。
なぜ、私に依頼されたのかが全く分からないぐらい凄いですね。

 

ヤフオク・モバオクの達人養成講座/翔泳社
¥1,554
Amazon.co.jp

 

ネットショップ&ヤフオク 海外仕入れの達人養成講座/翔泳社
¥2,079
Amazon.co.jp

 

自宅で毎月100万円稼ぐ! ネットオークション制覇の極意/ぱる出版
¥1,575
Amazon.co.jp

 

昨日、今回の件に関する打ち合わせをさせていただいたのですが、さすがにこれだけの著書をお持ちだと話しが早いです。
しかも、執筆の大変さも体験されているので、ご自身の作業の見通しもかなり堅い。

こういうのが、出版経験者の安定感というか、強みですよね。

著書の売上げがよっぽどのことがない限り、はじめての著者より2冊目、3冊目の著者の方が決まりやすいというのは、実はこれが理由です。
まぁ、なかには例外の著者もいらっしゃいますが…(汗)

今回は、山口さんもいい本を作る気満点ですし、売る気も満点ですので、関わる我々にとってもやりがいのある仕事になりそうです。
頑張っていきましょう!