先週、同業の天田幸宏さんが主催した『商業出版を確実に引き寄せるビジネスブログの書き方教室』に参加しました。

私も似たようなセミナーを開催したことがあるので、同業者による、類似のセミナーに興味津津です(笑)

やはり、出版を目指す上で、ブログを運営をしておくことは、いろいろな意味で有利に働くことが多いようです。
実際、ブログをきっかけに出版する方もたくさんいらっしゃいますからね。
問題は、どういうブログをやって、何をすれば評価されるかを知っているかどうかですね。

今回のセミナーは、編集者に読んでもらえることを前提としており、編集者を唸らさる文章の書き方がメインでした。
論理展開であったり、キレのあるタイトルの付け方であったり…。

いわゆる“芸のある文章の書き方”という感じ。

そういう文章を書くことが商業出版を確実に引き寄せるかどうかはさておき、きっちりと編集者に読んでいただけることができるなら、出版のオファーもあるかもしれませんね。

いろいろ勉強になりました。