よく“出版したら集客できる”とか、“出版したら売上が上がる”と吹聴している人がいます。

でも、これは事実であって、事実ではないんですね。

実際に出版したけど集客できなければ、売上も上がらないという人たちをたくさん見てきました。
逆に、出版したことで、一部上場会社のコンサルが決まったり、セミナーで全国を駆け回ったり、生産が追いつかないぐらい商品が売れたり…そんな事例もたくさんあります。

では、この違いはなんなのでしょうか?

それは、もう入り口から違うんですね。
そもそも、“ベストセラーを狙って作る本作り”と“ビジネスにつながる本作り”は全く考え方が違います。
それなのに、出版を目指すとなると、つい“ベストセラーを狙って作る本作り”をしてしまいがちなのですが、それではビジネスにつながる訳がないんです。

そのためには、何のために出版するのかを考えなくてはなりません。

その上で、読者ターゲットや内容について掘り下げます。
ただ、自分のビジネスのことばかりを考えていると、自己中心的な宣伝本になってしまい、結果的に出版社に迷惑をかけてしまいますので、さらに売れそうな切り口も探さなくてはなりません。

そうやって考え抜いて、本を出版したとしても、実際にはビジネスにはつながりません。

今度は出版する本と自分のビジネスへの導線をキッチリと仕込む必要があるからです。
この導線は、見え透いていると誰も相手にしてくれませんし、見えなさ過ぎると気づいてもらえません。
微妙なさじ加減が必要なんですね。

そして、最後にそこまでできたら、あとはより多くの人に読んでもらわなくては、せっかくの本も台無しです。

なので、出版したら、より多くの人に読んでもらい、関心をもってもらう必要があります。
そのためには、自分で自分の本を売る努力、うる工夫をしなければなりません。
でも、本が売れれば売れるほど、自分のビジネスに跳ね返ってくるようになっていれば、それは本を売るというより、自分のビジネスの販促活動と捉えることが可能ですよね。

このように、自分のビジネスにつなげるために出版する場合、いろいろと考えること、やるべきことというのがあります。

しかし、“出版したら集客できる”とか、“出版したら売上が上がる”と吹聴している人は、それで出版する気になって、自分にプロデュースを依頼してくれれば儲かるビジネスモデルなので、本を出版してからのことなんてどうでもいいんですね。
なので、そういう人にプロデュースを依頼して、出版できたとしてもビジネスにつながらない人、出版できたとしても売れなくて2冊目の出版ができない人、そもそも出版自体できない人というのがたくさんいらっしゃいます。

そこで、自分のビジネスにつながる出版について、キッチリとお話ししようと思います。
今まで、大ベストセラーにはならなくても、著者、出版社、読者の三者がWin-Win-Winとなるような本作りを体現してきた私だから話せる内容です。

しかも、今回は出版したことで全国から講演の依頼が殺到している田口智隆さんと中嶋茂夫さんも一緒です。
田口さんは、出版するテーマを徐々に広げながら自分のブランドを形成されてますし、中嶋さんは、出版するテーマをずらしていきながら違うブランドを立ち上げられてます。

出版は、しっかり考えて挑めば、そういうコトも可能なんですね。

これから出版を検討される方は、安易に“出版したら集客できる”とか、“出版したら売上が上がる”と吹聴している人にプロデュースをお願いする前に、話しを聞きに来てください。

では、詳細になります。

■札幌開催
日時:3月6日(水) 14:00~18:00(開場13:30)
場所:かでる27 940研修室
(​札幌市中央区北2条西7目 道民活動センタービル)
講師:山田稔、中嶋茂夫、田口智隆
料金:1万円(税込み) ※懇親会あり(会費別途4000円)
定員:20名

申し込みはこちら