よく“出版したらブランディングできる”とか、“出版したら競合他社から抜け出せますよ”と吹聴している人がいます。

でも、これは事実であって、事実ではないんですね。

実際に出版したけどブランディングどころか、逆ブランディングにんってしまった方もいらっしゃいますし、競合他社から抜け出すはずが見放されて閑古鳥が鳴いているという方をたくさん見てきました。

もちろん、逆に、出版したことで、ブランディングに成功して報酬が数倍に跳ね上がった方やセミナーで全国を駆け回ったり、広告も出稿しなくても勝手に集客ができて行列ができてしまったり…そんな事例もたくさんあります。

では、この違いはなんなのでしょうか?

それは、もう入り口から違うんですね。

よく言われているのは、“ベストセラーを狙って作る本作り”と“ブランディングにつながる本作り”は全く考え方が違います。

それなのに、出版を目指すとなると、つい“ベストセラーを狙って作る本作り”をしてしまいがちなのですが、それではブランディングになる訳がないんです。

そのためには、何のために出版するのかを考えなくてはなりません。

ブランディングのためというのであれば、“誰に”“どう思われたいか”を考えるんです。

その上で、その“誰に”で設定した人に、“何を”伝えればそう思われるのかを考えるんです。

ただ、それだけでは、売れる本になってしまうことがありますので、キッチリと売れる本にするための売れる“切り口”を見つける必要があります。

そして、本の読者だけではなく、競合他社を含めた自分の周りの方々に本の存在を知らしめなくては、本当の意味で競合他社から抜け出すことはできません。

そこまでしなければ、せっかくの出版も台無しになってしまいます。

このように、ブランディングにつなげるために出版する場合、いろいろと考えること、やるべきことというのがあります。

しかし“出版したらブランディングできる”とか、“出版したら競合他社から抜け出せますよ”と吹聴している人は、それで出版する気になってもらって、自分にプロデュースを依頼してくれれば儲かるビジネスモデルなので、本を出版してからのことなんてどうでもいいんですね。

なので、そういう人にプロデュースを依頼して、出版できたとしてもビジネスにつながらない人、出版できたとしても売れなくて2冊目の出版ができない人、そもそも出版自体できない人というのがたくさんいらっしゃいます。

そこで、本当のブランディングにつながる出版というものを、この機会にキッチリとお話ししようと思います。

今まで、大ベストセラーにはならなくても、著者、出版社、読者の三者がWin-Win-Winとなるような本作りを体現してきた私だから話せる内容です。

しかも、今回のセミナーは、販促ブランディングデザイナーである小澤歩さん、私のアメブロをカスタマイズしてくれたWebデザイナーの本岡毬穗さんと一緒に開催するコラボセミナーになります。

小澤さんには、“第一人者としてトップになるブランディング戦略”ということで、第一人者として一歩抜け出すためのブランディングの戦略をお話ししていただきます。

本岡さんには、“第一人者として認識され集客に結びつけるWeb表現&戦略”ということで、自分の強みを認識してもらうために、いかにアウトプットするかという実践的な戦術をお話ししていただきます。

そして、私は、“第一人者として成功し競合を寄せ付けない出版戦略”ということで、競合他社から大きく一歩抜け出し、第一人者になるために出版する方法をお話させていただきます。

なので、たんにブランディングするための出版というだけではなく、もっと根本のブランディングするための戦略から、認知させるための戦術、そして、一歩抜け出すための戦術を一気に身につけることができるお得なセミナーになっております。

これからブランディングをしていこうと思われているのであれば、安易に“出版したらブランディングできる”とか、“出版したら競合他社から抜け出せますよ”と吹聴している人に依頼する前に、是非、この話しを聞きに来てください。

では、詳細になります。

■東京開催

日時:2月11日(月・祝) 13:15~16:15(開場13:00)

場所:T’s渋谷フラッグRoom7I

定員:20名

受講料:1万円(税込み)

※当日は、懇親会も予定されております(実費負担)。

申し込みはこちらからお願いいたします(Facebook)。

申し込みはこちらからお願いいたします。

※4月19日に福岡、4月20日に広島、4月21日に大阪でも開催予定です。