先日、一冊、出版が内定しました。

著者は、東京の出版実現セミナーに参加された大槻洋次郎さんです。

セミナーの参加は2011年8月でした。

ちなみに、この回からは、谷田貝さん、榎本さん、安達さんが出版し、松本さんは部分的な執筆をされ、吉田さん、須賀さんも出版が決まっております。

でも、この回が特別だったというわけではなく、持っているコンテンツが旬なのかどうか、そして、著者として覚悟を持つことができるのかということなんですね。

そういう意味では、弊社の勉強会に参加された方は、ほぼ無期限サポートですからね。

それぞれ、最適なタイミングで出版を決めることができるわけです。

今回の大槻さんも、セミナーに参加して1年5ヶ月後の決定ですから。

逆に言えば、満を持しての出版です。期待したいですね~(笑)

何気にプレッシャー!