先日、一冊、出版が内定しました。

著者は、大阪の出版実現セミナーに参加された赤木浩二さんです。

セミナーの参加は2011年7月ですからね。

それから1年5ヶ月、いろいろなやり取りをした上での決定です。

当時、なかなか自分の書きたいことを捨てられず、何度も何度もアドバイスをしました。

半ば、心が折れそうになった時期もありましたが、そこから何とか奮起して、やっと仕上がった企画書です。

今度は、原稿執筆で産みの苦しみを味わうことになるとは思いますが、ここまでの経緯を考えたら、間違いなく乗り越えてくれることでしょう。

ということで、来年の発刊に向けて、頑張っていきましょう!