日曜日に新たなコラボセミナー『一冊だけでは終われない!二冊目につなげる出版戦略セミナー』を東京で開催いたしました。

このコラボは、ベストセラー作家の田口智隆さんと私、そして、出版流通コンサルタントの高橋秀樹さんの3人になります。

それぞれ、本を書く立場、作る立場、売る立場という違う角度から、どういう著者が1冊で終わり、どういう著者が2冊目につなげられるのかということについてお話しさせていただきました。

立場が違えば、見えるものも、考えることも、やらなくてはならないことも、何もかも違います。

講師でありながら、参加していただいた皆さんと一緒に聞き入ってしまいました。

 

 

私のパートは、売れれば2冊目が出せるわけではないし、売れなかったとそても2冊目を出せることもあるということを、事例を用いて説明しました。

そして、そのために出版されるまでに何をすればいいのか、出版してから何をすればいいのかについてもお話したので、参加された方は、同じ出版社か、違う出版社かはさておき、2冊目を出版できるはずです(笑)

このコラボセミナーは、“2冊目につなげる”というひとつの目的に対して、立場の違う、個性の強い講師が熱く語るので、とっても中身の濃いセミナーに仕上がったと思います。

11月10日に名古屋11日に大阪でも開催しますので、これから1冊目を出版する人、目指す人、そして、1冊目は出版したのに2冊目が出版できずにくすぶっている人は、是非、ご参加ください。

間違いなく、今から何をすれば、2冊目を出版できるのかがわかるはずです。