私がプロデュースした、原久鷹さんの『はじめてのEvernote入門』が秀和システムから発売されました。

原さんは、これで3冊目ですね。

この本は、今までのEvernote本とは違い、初心者でも使いこなせるような図解本となっております。

EvernoteやEvernote本に何となく敷居の高さを感じていた人には最適な一冊です。

是非、お買い上げください。

今ならお得なキャンペーンが開催中です!

はじめての最新Evernote入門―決定版 (BASIC MASTER SERIES 381)/秀和システム
¥1,575
Amazon.co.jp

原さんは、今年の2月に初出版を果たし、すでに3冊目。

もう4冊目も執筆中です。

なぜ、これほどまでに連続して出版できるのか。

その理由はいくつかあるのですが、一番は守備範囲の広さです。

今までの書籍を見てみれば、iTunes、Facebook、Evernote、LINE…と、何でも対応いただけます。

では、器用貧乏なのかというと、そうではありません。

それぞれのテーマをしっかりと掘り下げて書いていただけますので、本当に助かります。

実は、編集者に“助かる”という感覚を抱かせることって、意外に大事なんです。

この感情を持つことで、何かあったら真っ先にお願いしたくなりますからね。

もちろん、逆も真なり…。

いくら本が売れても、二度とお願いしたくない場合というのも、当然、あるわけです。

結局、何だかんだ言っても出版は人と人との共同作業です。

なので、そこに芽生える感情が次に影響することがあるということは覚えておいてくださいね。

今ならお得なキャンペーンが開催中です!

はじめての最新Evernote入門―決定版 (BASIC MASTER SERIES 381)/秀和システム
¥1,575
Amazon.co.jp