東京以外に住んでいると、なかなか出版できないと思われている方も少なくありません。

実際、出版社のほとんどが東京にありますので、そう思われる方がいらっしゃっても仕方ないと思います。

しかし、現実は、そんなことありません。

問題は、本気で出版したいと思っているかどうかと、正しい出版への道を知っているかです。

今はまだ出版する内容を具体的に考えていないかもしれませんが、準備の段階から正しい出版への道を知っていれば、準備の“質”が変わってきます。

そこで、今回は地方にいても出版する方法というのを中心にお話ししようと思います。

実際、弊社では『日本全国著者発掘プロジェクト! 』というのを展開しており、すでに47都道府県中23都道府県から著者を発掘しております。

しかも、出身者ではなく、居住者ですからね。

これほど、いろいろなエリアから出版させられた出版プロデューサーは他にはいないはずです。

なぜ、それだけのいろいろなエリアから出版させることができたかというと、私自身が出版業界の中にいる人間なので、出版業界の表も裏も知っているからなんですね。

そこで、今回は地方から出版する方法を中心に、地方で出版することのメリット、地方だからこそ採用される企画の立て方、地方で出版を実現するためにやっておくこと、などについてお話しする予定です。

しかも、今回はベストセラー作家の田口智隆さんと一緒にお話ししますので、実際に出版することで、事業が、自分が、周りが、どう変わったかというお話も聞くことができます。

よく、地方に行っては、「あなたも出版できますよ~」と適当なことを言って、大金を搾取しようとする詐欺的出版プロデューサーもいらっしゃいますが、そんな浮ついた話しをするつもりはありません。

今までの豊富な事例を紹介しながら、地方にいてもちゃんとした方法で、しっかり準備をすれば、だれでも出版できる方法を紹介します。

もし、出版してみたい、著者の仲間入りをしたい、と思っているのであれば、今回のセミナーであなたの夢が叶うかもしれませんよ。

出版に興味のある方は、是非、ご参加ください。

日時:8月18日(土) 14:00~16:30

場所:ITビジネスプラザ武蔵 研修室1

定員:50名

料金:3000円(お二人以上でお申し込みの場合、お一人2,000円)

お申し込みは、こちらから

当日は、懇親会(実費3500~4000円ぐらい)も予定されております。