先日、一冊、出版が内定しました。

著者は、今年の2月に東京で開催した出版実現セミナーに参加された松浦法子さんです。

お住いは愛知県なのですが、出版実現セミナーと翌日の出版勉強会に2日連続日帰りで参加していただきました。

このやる気、凄まじいです。

今回の企画は、こちらで先に企画を通して、後から著者を探したパターンです。

こういう場合、Facebook内にある、過去の出版実現セミナーに参加された方だけが登録できるサポートグループで、著者募集の告知をします。

そこで真っ先に立候補したのが、松浦さんでした。

セミナーの時もそうですが、こういう積極性は出版する上でとても重要な素養のひとつだと思います。

すでに実務的なやりとりも進めてますが、実に素直で一生懸命なので、安心して任せられますね。

ちなみに、松浦さんは中嶋茂夫 さんのソーシャルメディアコンサルタント養成講座の卒業生のようです。

中嶋さんは、教え子の出版第一号ということで喜んでいらっしゃいますが、第一号ということは、松浦さんに何かあったら第二号はありえないということですからね(プレッシャーをかけてみたりして)。

まぁ、中嶋さんの場合、教え子の心配より、自分の原稿の心配をしてもらいですが…(笑)