昨日は、我らが兄貴である福嶋秀樹 さんが東海大学の学生さんのために企画しているランチ&セミナーに講師として参加してきました。

今回は、東海大学生に向けて先輩社会人として、何かお話ししてくださいというオファーでした。

面白そうだったのですぐに快諾したのですが、そこから事務連絡しかなく、当日の開始30分前にやっとこの会の趣旨などを聞かされるという何ともライブ感満点な幕開けです。

(初参加は私ともう一人だけだったので、話すのを忘れていたんだとか…)

ちなみに、他の講師は、早稲田育英ゼミナールで3年連続ナンバー1の教室を運営している鈴木鯛功 塾長、一緒にプロフィールセミナーを開催しているフリーライターの山口拓朗 さんと名刺の専門家の福田剛大 さん、そして、厚木の不動産王杉山善昭 さん、横浜で大規模な異業種交流会を主宰されている鵜野紀彦 さんという豪華な布陣です。

そして、この何らかの専門家である面々の話しを聞けるのは、東海大学生の皆さんです。

まだまだ将来に夢も希望もある大学生の皆さんは、瞳がキラキラしてます。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

今回、私は、他の講師の話しとの整合性も考えつつ、出版業界に身を置く者として、ソーシャルメディアにおける情報の扱い方というテーマでお話しさせていただきました。

ソーシャルメディアで情報発信するにしても、情報収集するにしても、誰かと交流するにしても、ネットの向こうには必ず“人”がいるということ意識するのと、しないのとでは、まったく違うことになりますからね。

そして、そのまま懇親会ということで、そこでは個別に大学生の悩みや不安を解消するべく、熱く語らいました。

何人かの学生さんからお礼のメッセージをいただいたのですが、ほとんどが懇親会の話しに対するお礼だったことは秘密です(爆)

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

でも、こういう学生さんと話す機会というのはなかなかありませんので、企画してくれた福嶋さん、本当に感謝です。

これからも、何か私の経験が後進の力になれるのなら、積極的に協力していきたいと思います。