私がプロデュースした、原久鷹さんの『はじめてのFacebook活用』が秀和システムから発売されました。

原さんは、これで2冊目ですね。

(いつの間にか、名前が変わってるし…(久高→久鷹))

はじめての最新Facebook活用 決定版 (BASIC MASTER SERIES)/原 久鷹
¥1,575
Amazon.co.jp

2冊目といっても、実は3冊分の原稿を書かれています。

執筆の途中でFacebookページのタイムライン化が発表され、それまで積み上げてきた原稿だけではなく、ノウハウ自体が水の泡と化してしまったのです。

でも、流行りの企画に飛びつくということは、そのリスクを覚悟しなければいけません。

とくにパソコン系の場合、機能変更などは頻繁に行われますし、ダメだったときの撤退も早いのですからね。

実は、もう一冊進めているFacebook本も喰らいましたし、アメブロ本のマイページ変更で3冊の本が喰らいました。

なので、流行りのテーマで出版する場合、あまり時間をかけずに、パッパパッパと書き上げるのがポイントです。

ただ、これも考えようです。

着手していたら、他のどの本よりも早く出せるわけですから、“最新版”として出版することができます。

つまり、それだけ売れやすくなるということです。

これが、もし、パッパパッパと書き上げていたら、2冊分も書く必要はありませんが、本が出たときには使い物にならないという、商品寿命の非常に短い本を出すことになります。

著者として、どっちがいいですかね?

ちなみに、アマゾンキャンペーンを準備中のようです。

Facebookでの原さんの投稿を見逃さないように!

はじめての最新Facebook活用 決定版 (BASIC MASTER SERIES)/原 久鷹
¥1,575
Amazon.co.jp