昨日、『著者自らが仕掛ける! これからの本の売り方セミナー』に参加しました。

講師は、木暮太一さんと上田渉さんです。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

内容は、木暮さんの新刊『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?』が出だし好調らしく、この本が発刊される前後で何を仕掛けたのかをお話しいただきました。

正直、木暮さんがすでにベストセラー作家として認知されているからこそ仕掛けられることもあり、再現性に乏しいノウハウもありましたが、いくつか新しいノウハウや新たな発見もありました。

(もちろん、既刊本の販促で地道に活動してきたからこそのベストセラー作家という認知だったりもします)

詳細に関しては、ノーツイート、ノーブログということなので、あまり書けませんが、このセミナーで学んだことで、自分自身のノウハウにさらに磨きがかけられそうです。

いつも、歯に衣着せぬ物言いで、ノウハウを出し切ってくれる木暮さんに感謝ですね。