今日、一冊、出版が内定しました。

著者は、今年の3月に水戸でで出版実現セミナーを主催してくれた、和久田ミカ さんです。

和久田さんの場合、すでにブログにネタのストックもありますし、販売力をアピールできるだけの読者数もあります。

その上に、講演実績、テキスト制作販売実績、魅力的なプロフィール…と、出版に必要な要素はほぼ全て揃っていたので、あとは企画の切り口とタイミングです。

企画の切り口については、出版勉強会で一緒に考えたので、自信はありました。

ただ、タイミングに関しては、内容的に旬があるわけではありません。

つまり、この企画が決まらなかったら、弊社の問題ということになります。

そんな状況だっただけに、出版が決まって、本当にホッとしています。

この人からもプレッシャーをかけられていたので、尚更です。。

ちなみに、和久田さんの出版が決まった出版社は、社名で検索すると自費出版の会社が上位表示されておりますが、その会社とは違います(ややこしい…)。

そして、その出版社は、生協の販売網を使えるようなので、本が出てからの販売面でも楽しみです。

もちろん、その前に和久田さんと一緒にいい本を作らなくてはなりませんけどね。