私が、出版プロデューサーをはじめてきっかけのひとつに、詐欺的出版プロデューサーの撲滅というのがあります。

出版させる可能性が著しく低いのにも関わらず、出版するためのノウハウが情報として出回っていないことをいいことに、暴利を貪り、暗躍している…。

このことが、出版業界に身を置くものとして、どうしても許すことができなかったのです。

詐欺的出版プロデューサーが暗躍するとどうなるのか?

ひとつは、出版できないのに大金を騙し取られる被害者が続出します。

去年だけでも、その被害者が弊社に何人駆け込んできたことか…。

さらに、その被害者の多くは、出版して多くの方々に知ってもらいたいノウハウをお持ちだったりするわけですから、世に出るべき情報が世に出ないという社会的損失にもなるわけです。

そして、もうひとつは、出版業界の仕様問題です。

被害者の多くは、どうして出版できないかも分からずに、大金を取られてしまいます。

間に立つ詐欺的出版プロデューサーの多くは、出版できない理由を出版社のせいにしますので、怒りの矛先は出版社へ向かうわけです。

逆に数少ない出版できた人というのは、その影で本の買い取りなどが条件とされることが多かったりします。

すると、お金を出せば商業出版はできるということになってしまい、商売臭い本やブランディングのためだけの粗悪な本が発刊されるわけです。

そんな本が書店に並びますので、一般の読者の方からも、出版物への信頼は低下して、ますます出版離れが進み、さらなる出版不況になりかねません。

このような被害者をひとりでも減らすために、このような事態を招かないために、一刻も早く詐欺的出版プロデューサーを駆逐しなければならないのです。

そして、ちゃんとして出版の方法をより多くの方に知っていただきたいと思います。

そこで、はじめてDVDの収録に挑みました!

しかも、今回は、編集者側の立場で話すだけだと議論が一方的なので、著者側の立場の意見も入れたいということで、あの中山マコトさんにもご協力いただきました。

出版業界側の意見として私が講義をして、その上で、著者の立場で中山さんにご質問をいただく形で対談という形式です。

思いのたけを全て話した結果、何と、4時間にもなってしまいましたが、間違いなく、全てを出し切りました。

このDVDを見たら、まともにやっている私のような出版プロデューサーさえいらなくなってしまうノウハウです。

もし、これから出版を目指されるのであれば、ヘンな詐欺的出版プロデューサーに騙される前に、このDVDをご覧ください。

このDVDの中には、いろいろな詐欺的出版プロデューサーの手口も紹介しておりますので、騙されるリスクもなくなりますし、何より、ちゃんと出版することができるようになりますから。

興味のある方は、こちらからご購入いただけます。