明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

昨年は、出版プロデューサーなる肩書きを語る方が増殖した年でした。

手口も巧妙化し、さらに悪質度が増したように思います。

私自身、悪質な詐欺的出版プロデューサーの被害に遭われた方と、何人かとお話しさせていただきました。

なかには、弊社の会議室でやり場のない怒りをぶちまけた方や号泣された方もいらっしゃいました。

そんな方々と話しをして、詐欺的出版プロデューサー撲滅、そして、正しい出版への道を多くの方々に知っていただかなくてはと、使命感に燃えております。

出版とはいえ、ビジネスです。

ビジネスである以上、出版を目指す者は、ちゃんとした意識で企画書を書くべきだし、大金を払わせるのであれば、それなりの結果を出すべきだと思います。

決して、「あなたには出版するに値する価値がありません」で済まされて言い訳がないのです。

そういうことがまかり通ってしまうのは、正しい出版への道が知られていないからだと確信しております。

今年も引き続き、弊社でできる限りの啓蒙活動と出版を目指す方のサポートができるようなサービスを提供し、詐欺的出版プロデューサーの被害に遭われる前に、弊社に出会えるように頑張っていく所存です。

昨年に引き続き、本年もよろしくお願いいたします。