先週、一冊、出版が内定しました。

著者は月野るな さんが“血のつながらない弟”として、仲良くされている藤原聖仁 さんです。

実は、藤原さんも弊社がはじめて主催した大阪での出版セミナーに参加していただおりました。

ただ、今回の出版は、セミナーに参加したこととは関係ない経緯です。

この記事でも書きましたが、月野るなさんにお願いした本と姉弟本になります。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

この本の打ち合わせで福岡に行った帰りに大阪で途中下車をして、3人で打ち合わせをしました。

お会いしたのが、数年前のセミナー以来でしたので、見かけだけで言うなら、“チャライ”“恐い”といった雰囲気ですが、話してみると、とっても気さくで、とっても優秀なクリエイターさんであることがわかります。(見かけが“恐い”というのは、人のことは言えませんが…)

しかも、今回は近くにいるるなさんの本と姉弟本なので、いろいろ相談しながら、進んでいくと思われるので安心です。

こういう時に、近くにいる出版経験者の方というのは、本当に心強いですね。

面倒なことは、できる限り、私もサポートさせていただきます。

ごちゃごちゃ悩むなら、サクッとご相談くださいね。

3人いれば、何とかなります。

みんなでいい本になるように頑張りましょう!

優秀なクリエイターさんを、世に送り出す機会に携われるというのは、本当に幸せです。

ありがたいことだと思いますね。