サンライズで朝に帰京し、そのまま出社して、夕方から友人の杉山善昭 さんが主催されている異業種交流会『横浜異業種交流会キャリアセッション 』で出版についてお話しさせていただきました。

今年の2月にも一回お話しさせていただいたので、今回は2回目となります。

前回の続きとして、出版企画書の書き方についてお話しするつもりで引き受けたのですが、もう一人の主催者である鵜野さんは『あなたが思うほど出版は難しくない!』というテーマで告知されますし、杉山さんは『セミナーのコンテンツ作りにも役に立つ出版企画の考え方』と告知されるし…。

え~、私は何についてお話しすればいいのでしょうか?

全く、ノープランのまま会場入りしました。

結局、話しを『出版企画書の作り方』『出版企画の考え方』の2パターンを用意して、皆さんに選んでいただきました。

結果は『出版企画の考え方』です。

ちなみに、このテーマでのお話しははじめてで、内容も横浜に向かう電車の中でなぐり書きしたメモを見ながらお話ししました。

もう少しグダグダになるかと心配しましたが、意外にご好評をいただくことができました。

このテーマは、もう少し構成を練って、今後も話していこうと思います。

セミナーが終わったら、お待ちかねの懇親会です。

毎回、キャリアセッションの懇親会が行われるの『リゴレット オーシャンクラブ 』というお店の料理が美味しく、しかも、店員さんのサービスも素晴らしいので、この懇親会に出るために今回の話しを引き受けたと言っても過言ではありません。

なかなかこういう機会がないと横浜の交流会に参加することはできないので、もう一回、お話しする機会をいただけることを祈るばかりです。

今月末にでも、杉山 さんともつ鍋でも食べながら、口説いてみようと思います。

義理堅い杉山さんのことだから、きっとご馳走してくれるんだろうなぁ~(笑)