30日は、午前中から鬼追さんと合流して、執筆の打ち合わせを兼ねて一緒にランチをすることになりました。

せっかく京都に来たので、豆腐料理を食べたいとリクエストして、連れて行ってもらったのが、このお店“豆水楼 ”。

念願の豆腐料理をいただだき、大満足です。

とっても上品な口当たりと、口に入れたとたんに解けるような…やっぱり、私にはグルメレポートは向かないようです(汗)

ただ、間違いなく言えるのは、とっても美味しかった!ということです。

そういえば、カウンターの向こうの方で、たぶん、ユーストで中継しながら食べているおじさんがいたのですが、ずーっと、ひとりで三脚で固定したスマホに向かってブツブツ言ってたので、周りのおじさん、おばさんは気味悪そうに見てましたね。

(鬼追さん、あの番組を探してくださいね)

そして、この日も木屋町から四条烏丸のセミナー会場まで歩いたのですが、思いのほか時間がかかり、結局、執筆の打ち合わせはセミナー会場で行いました。

結果的にはホワイトボードを使って説明できたので、より分かりやすく説明できたと思います。

たぶん、今頃は、バリバリ書いているはずです。 ね、鬼追さん!

出版勉強会は、前日のセミナーに引き続き、「あんまり出版は考えてないんだよぇ~」という人も結構いたのですが、そういう人が立てる企画が意外に面白そうな感じに仕上がったりして、なかなか面白いです。

本気の人も、そうでない人も、普段あまり使わない部分の脳みそをフル稼働することになるので、結構、お疲れになったと思います。

できた企画は、こちらで売り込みを開始しますので、一人でも多くの著者を輩出できたら最高ですね。

そして、出版勉強会後は大阪に移動して、田渕さんのブログでもよく取り上げられる噂のこのお店 に行ってきました!

うろ覚えだったのですが、田渕さんが絶賛している ヘッダーと同じポーズで写真を撮らせていただきました。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

しかし、ブログ をよく見ると、ヘッダーは注いでるのではなく、乾杯してるんですね(汗)

見比べると、ジョッキの高さも全然違いました…。

でも、とっても串カツも美味しし、お店の雰囲気も懐かしい感じが居心地が良かったです。

そして、何よりお店をやられているご夫婦お二人の人柄が最高でした(お二人のブログの写真も最高の笑顔ですよね。このまんまのお二人です!)。

とにかく会話が楽しくて、本当にあっという間に時間が過ぎてしまいましたね。

大阪に行ったら、また立ち寄らせていただきたいと思います。

これで京都遠征の全工程は終了となります。

そして、もちろん帰りはサンライズ!