17日から19日は中嶋茂夫さんプロデュースによる『九州縦断観光列車ツアー』でした。

残念ながら、青山さんが参加できませんでしたので、ピンチヒッターに時枝さんに同行いただきました。

つまり、むさいオッサン三人の旅行なのですが、ホームでのはしゃぎ様はまさに無邪気な少年だったはず…。

まずは、福岡駅で中嶋さんに意味不明な写真を渡されます(鉄ちゃんの間では当たり前だそうです)。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

最初に乗ったのは白いソニック!

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

一番後ろの席で見晴らしはいいのですが、車掌さんはやりにくそう

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

次はトロッコ列車「潮風号」!

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

今度は青いソニック!

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

一番前の席の前に展望キャビンがあります。

これ、他の人が出入りしたら、一番前の席の意味が無いですね。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

初日のお昼は、小倉駅で買った駅弁「かしわめし」。

人気No.1だそうです。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

初日の目玉!「ゆふいんの森」です。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

もちろん、一番前の全面展望席!

ただ、1つの列車につき、2時間を越えると苦痛になってきますね(汗)

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

初日、最後の電車は「特急 有明」。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

もちろん、一番前!

前面展望ではありませんけどね…。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

夕食は『むつ五郎』で馬刺しをいただきました(ただし、写真を撮り忘れるという失態)。

二日目の一発目は「SL人吉」!

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

朝食は、熊本駅で買った駅弁「肥後彩り弁当」。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

SL人吉は展望スペースに一番近い席です。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

次の列車「いさぶろう」に乗り換えの待ち時間で昼食。

昼食は、人吉駅の駅弁「栗めし」。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

いよいよイベント盛りだくさんの「いさぶろう」です。

これが、二日目、一番のお楽しみ!

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

この日は増結のため、一番後ろのはずが…残念!

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

二日目、最後になる予定の「はやとの風」。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

夕食は『あぢもり』で念願の黒豚しゃぶしゃぶをいただきました。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

三日目の朝食は、前日に買った駅弁「かれい川」弁当。

このツアーで一番美味しかった駅弁です!

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

指宿までを「指宿のたまて箱」に乗って往復します。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

ツアー初のカウンター席。

これでも指定席なんです~。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

指宿での乗降時には、たまて箱の煙をイメージしたミストシャワー。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

指宿ではタクシー観光。

日本最南端の西大山駅と幸せを届ける黄色いポストと開聞岳。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

いよいよ最後の列車です。

この席も指定席です(全体的に海側の景色を見えるようになっているそうです)。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

ツアー最後の駅弁は、「鹿児島よくばり弁当」。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

■おまけ(鉄ちゃんの真骨頂!)

カメラ片手に駅弁を頬張る中嶋さん。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

箸を持ったまま撮影する中嶋さん。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

ポメラで乗車人数などの記録を入力中の中嶋さん(決して原稿を書いているわけではありません!)。

商業出版の方法を知って、ベストセラー出版を目指そう!

いや~、列車に乗りまくりましたね。

でも、全ての列車が個性的で、とても楽しい旅でした。

プロデュースしてくれた中嶋さん、本当にありがとうございます。

ただ、できたら、次回は、1つの列車は2時間以内、1日乗っても8時間以内としていただけると助かります(寝台特急は除く)。

最後に念のために書いておきますが、私はまだ鉄ちゃんではありません!