私がプロデュースした、内藤みか さんの『3.11 心に残る140字の物語』が学研パブリッシングから発売されました。

ただ、内藤さんはすでに何冊も本をお書きになっておりますし、プロデュースなんてレベルではなく、たんに出版社との橋渡しと編集制作作業のお手伝いというのが正確なところですね(汗)

3.11 心に残る140字の物語/内藤みか
¥1,000
Amazon.co.jp

そもそも、この本は、内藤さんをはじめ、twitter小説をお書きになっている皆さんが、あの震災の直後に自然発生的に書き込まれたそうです。

『誰かの力になりたい』

『物語でみんなの気持ちをひとつにした』

そんなココロの支援がさざ波のように伝播し、日本中からたくさんの感動的な物語が集まったのです。

どれもこれも感動的で、胸を打つ作品ばかり…でも、紙面には限りがあります。

本当なら、全てを掲載し、できるだけたくさんの方々に読んでもらいたかったのですが、さすがにそれはできません。

そこで、僭越ではございますが、編集部スタッフにより選出させていただきました。

この本に掲載されたひとつひとつの物語が、ひとりでも多くの方のココロを温かくすることができたなら、この本の制作に関わったものとして、これほど嬉しいことはありません。

尚、この本は印税の全てを被災地復興のための義援金にあてられます。

3.11 心に残る140字の物語/内藤みか
¥1,000
Amazon.co.jp

この本の公式サイトもできましたので、ご覧ください。

3.11 心に残る140字の物語 公式サイト

また、ご感想やご意見がありましたら、“#311twnovel”というハッシュタグを使って投稿ください。

もし、ブログやメルマガをお持ちでしたら、この本をご紹介いただき、より多くの方に読んでいただけたら幸いです。