通常、私のブログは出版業界側の視点で書いています。

なので、出版を目指す上での傾向と対策は、何となく分かっていると思います。

でも、皆さんが、実際に出版に向けて動き出そうとした時、傾向と対策は分かっていても、動けないことや迷ってしまうことってありますよね。

そんな時、聞いてみたいのは、同じ立場だった経験者のお話しではないでしょうか?

そこで、弊社では、『ビジネスブックレポート 』というものを発行しております。

ビジネスブックレポートは、毎月、ひとりの著者さんにフォーカスし、出版の一連の流れについて、1時間近くインタビューしております。

・出版したかった理由

・出版できた経緯

・執筆中の苦労

・アマゾンキャンペーンの戦略

・出版したことの効果

・これから出版を目指す人へのメッセージ

しかも、私が自らインタビュアーとして、ビシバシ鋭い質問も投げかけておりますので、かなり濃いお話しが聞けていると思います。

そして、今月のビジネスブックレポートに登場していただいた著者さんは、茶谷清志 さんです!

たった4ヶ月で商業出版を果たし、その後の魅力的なプロモーション活動で著書をベストセラーにするまでの道のりについてお伺いしました。

固定観念に捉われない斬新なプロモーションや、応援者を増やすための考え方など、出版を目指す方のためのヒントになる情報が満載です。

もし、あなたが、これから出版を目指されるのであれば、本を出版するために何を考えれば、自然に伝播するものになるのかを考えてみてください。

その時に、茶谷さんのお話しはとても参考になります。

そして、そのインタビューの様子をPDF+音声ファイルの形式にして、2000円でご用意させていただきました。

興味のある方は、こちらよりお買い求めください。

尚、このビジネスブックレポートは、ビジネスブック倶楽部 の一般会員の方は、無料で入手いただけます。