名古屋遠征の第二弾は、弊社でプロデュースした浅井達也さんにご招待いただき、女性限定出版セミナーの講師をやらせていただきました。

朝は、この記事 で気になっていたコンパルのコーチンたまごサンドでモーニング。

お昼は、名古屋に行ったら絶対にこれを食べよう! と決めていたあつた蓬莱軒のひつまぶしだったのですが、お昼時に来店したら、100人を超える長蛇の列。

仕方がないので、またまた こちらの記事 を見て、近くにあるらしい矢場とん本店へ行き、わらじトンカツのハーフをいただきました。

ハーフといっても、量が半分という意味ではなく、ソースと味噌だれが半分ずつ味わえるということです(ピザのハーフ&ハーフのイメージです)。

そして、店を出ると、食べログでも高評価の味仙があるじゃないですか!

名古屋に来てもめったに矢場町までくることもないので、せっかくだから人気の台湾ラーメン(辛さ控えめ)もいただきました。

ただ、辛さ控えめを頼んだはずなのに、全く控えられた感じではありませんでしたけどね(汗)

仕方がないので、汗だくになりながらいただきました。

しかし、このラーメン、にんにくがキツイ!

これから女性限定のセミナーだというのににんにくの臭いをプンプンさせていくわけにもいかず、道すがらコンビニに入り、ブレスケアを一気食いしながらセミナー会場に向かいました。

今回のセミナーは、“出版したい!”という方よりも“出版ねぇ~”という感じの方の方が多かったので、ただでさえ厳しいことばかりいう私のセミナーなので、ますます出版への興味がなくなったらどうしよう…と、思いながらお話しさせていただいたのですが、何となく、『出版はやることをしっかりやれば、それほど難しいものではない』ということは伝えられたのでないでしょうか。

できることなら、話しを聞いて終わりではなく、一人でも多くの方が企画書を書いて、出版に挑戦してもらえたら嬉しいですね。

プリザで可憐な毎日~一期一会~ 愛知・名古屋・半田-110521_193724.jpg

いや~、女性ばかりのセミナーというコトで、どうなるものかと心配しておりましたが、皆さんに優しく受け入れていただけたので、助かりました。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。