2月に私がプロデュースした『EVERNOTEでビジネスを加速する方法』の著者である浅井達也さんが主催して、女性限定の出版セミナーを開催することになりました。

弊社の出版セミナーはどこよりも出版実現率が高いのが自慢です。

その理由は、私自身が出版業界の人間なので、選ぶ側の考え方を知っているからです。

出版セミナーをされている方、出版プロデューサーを名乗っている方のほとんどが出版業界の方ではありませんからね。

私が知る限り、現役で出版業界に属している出版プロデューサーは私だけです。

つまり、どんなに有名な著者の出版セミナーで話しを聞いても、出版したご自身の経験は聞けても、その人に合った出版への道筋を話せる人はほとんどいらっしゃいません。

そんな人たちの出版セミナーに参加しても、出版を実現させるのは難しいでしょう。

もちろん、最終的に考えるのも、行動するのもあなたです。

でも、答えを知って動くのと、答えを知らずに動くのとでは、スピードが全く違います。

まずは、その答えを聞いてみませんか?

私が知る限り、弊社の出版セミナーは出版への最短距離といえるセミナーであると自負しております。

もし、本気で「本を出版したい!」とお考えでしたら、是非、ご参加ください。

きっと、出版デビューへの最短コースが、このセミナーで見つかるはずです。

では、整理します。

日時:5月21日(土)16:00~19:00

場所:レストラン ツキダテ

料金:5000円(懇親会も参加される方は1万円)

お申し込みは、こちらから

ちなみに、翌日(5月22日)に出版勉強会 in 名古屋も開催します。

今回の『出版実現セミナー』で出版までのプロセスや基本的な出版企画書の書き方を勉強していただいて、翌日の勉強会で実際に添削を繰り返しながら企画の骨子をまとめ、売り込みの準備まで一気に進めることが可能です。

それにしても気になるのが、“女性限定”という文字。

今まで強面ブランディングでならしてきただけに、女性限定”で集客できるのか? 参加していただいた方の満足感は得られるのか? なかなか不安です…(汗)

そして、何よりも心配なのは、懇親会のフランス料理とワイン。

フランス料理というかしこまった雰囲気で、美女に囲まれてワインなんて呑んだら、間違いなく壊れそうですからね。

募集ページに“ワイン党”と書いていただいておりますが、うんちくが語れるわけもなく、ただただワインを呑んで、ワインに呑まれるのが得意というだけですから(爆)

もしかしたら、この状況の私を見るだけでも一見の価値があるかも…。