私がプロデュースした、田村憲孝さんの『30分で達人になるフェイスブック』が青春出版社から発売されます。

発売日は4月9日なのですが、アマゾンキャンペーンを4月6日、7日に予約の段階で行います。

なので、少し早いですが、記事にさせていただきました。

明日、明後日でアマゾンキャンペーンを開催しますので、是非、ご参加ください。

フェイスブック本らしく、Facebookページでキャンペーンページを作られており、特典もフェイスブック内で著者の田村さんと友達になると納得のモノばかりですね。

30分で達人になるフェイスブック (青春文庫)/田村憲孝
¥650
Amazon.co.jp

田村さんは、弊社が大阪で開催した出版グループコンサルの参加者です。

しかも、2日間の出版グループコンサルなのにも関わらず、1日のみの参加でした(汗)

元々は、営業関連の本を出版されたいようでした。

ただ、出版グループコンサルで知り合い、アメブロ、ツイッター、フェイスブックで交流するようになったのですが、まぁ、フェイスブックで楽しそうだったんですね。

天性のいじられキャラと、営業を本職とされているだけはある人当たりの良さ、関西人らしい盛り上げ上手っぷり…なかなかネットのコミュニティをこんなに楽しんでいる人も珍しいです。

っていうか、私は他に知りません。

そんな矢先に、出版社からフェイスブックの入門書のオファーがあったのです。

しかも、ただの操作本ではなく、フェイスブックの魅力や楽しさを伝える本にして欲しいとのことでしたので、もう、私の中では著者は田村さんしか思い当たりませんでした。

何度も書いていると思いますが、出版業界の編集者に“このコトに関してならこの人”と記憶させることというのは、出版を目指す上ではとっても重要になります。

そして、記憶させるだけではなく、その実力も見せ付けることができたら、もう完璧です。

今回の田村さんの事例もまさにそうですよね。

で、早速、田村さんに打診したら、ほぼ即決でOKで、もうその数日後には大阪で打ち合わせを行い、2週間後には本文が脱稿という超速進行でした。

1回上京してもらっての対応もありましたが、全てが前倒し&迅速対応でしたので、これほどありがたいことはありません。

(私の記憶が正しければ、同じ日に締め切りを設定した累計10万部越えの先輩著者は、いまだに原稿が上がってこないというのに…)

本当に、また一緒に仕事をしたいと思わせてくれる著者さんでした。

この本が売れればですけどね。

実は、出版が終わった後も、“また一緒に仕事をしたい”と思わせてくることは、実は、二冊目、三冊目とつなげていく上ではとっても重要です。

どんだけ原稿が遅れても、そういう印象で終わることで、1年で8冊刊行という金字塔を打ち立てた著者さんもいらっしゃいますからね(苦笑)

ということで、今回のこの本は、いつもフェイスブック内を満喫している田村さんらしい一冊になったと思います。

もし、これからフェイスブックをはじめようと思っている方、フェイスブックをはじめたものの楽しめていない方には最適な一冊です。

自分だけではなく、周りにそういう方がいらっしゃいましたら、是非、オススメしてください。

人に薦めていただいても、絶対に恥はかかせません!

では、繰り返しになりますが、田村さんのアマゾンキャンペーンは、あと2時間後の明日の0時スタートです。

皆さん、応援してくださいね。

30分で達人になるフェイスブック (青春文庫)/田村憲孝
¥650
Amazon.co.jp

アマゾンキャンペーンの詳細はこちらです。