金曜日に開催した『増刷させるための出版マーケティングセミナー 』。

今まで、販促についての確論はブログにも一切書いてきませんでした。

実は、弊社でプロデュースした著者にすら全体像は話しておりません。

いつも質問を投げかけ、その回答を元に立てた戦略だけをアドバイスさせていただいてきましたので。

しかし、最近、あまりにもアマゾンキャンペーンに傾倒し過ぎている方が多い気もしますし、通り一遍等のアマゾンキャンペーンばかりで、その手法もかなり手垢がついており、雑になってきていると感じておりました。

また、アマゾンキャンペーンを行う人も、批判する人も、目先のアマゾンキャンペーンばかりに意識がいきすぎている、その本質を理解していない方も非常に多いです。

なので、そこに一石を投じるつもりで、今まで絶対に語ろうとしなかった弊社の販売戦略を全て出し切りました。

販売戦略の全体像から各論まで、裏も、表も全てです。

弊社で立てた戦略は、一冊たりとも同じ戦略はないので、今年一年の成功事例も失敗事例も含め、それぞれの戦略と結果についてもお話しさせていただきました。

正直、受講料に見合った内容だったかどうかは分かりません。

そもそもが、内容的に…とか、マーケティング上…とかではなく、この金額ぐらい払うほどの本気の人にしか話したくないという、流会覚悟の強気の設定でしたので。

販売戦略はノウハウが流出するととたんに廃れますし、どんどん新しい手を考えないといけない部分もあります。

でも、販売戦略の本当の目的と基本的な考え方は変わりません。

あとは、いかに自分らしい打ち手を効果的なタイミングで打てるかどうかです。

もし、参加された方々の販促にお役に立てたなら、また来年も開催しようと思います。