先日、熊坂仁美 さんの“『Facebook をビジネスに使う本』出版記念講演会”に参加してきました。

熊坂さんとの出会いは、中嶋茂夫さんのセミナー で、当時はTwitterの海外活用事例を研究されており、もの凄い探究心に圧倒されたのが忘れられません。

そんな熊坂さんが、いつの間にかFacebookの専門家として出版が決まり、相変わらずの探究心を発揮しているだけではなく、いつの間にかおキレイになられて…驚きの連続でした。

Facebookをビジネスに使う本/熊坂 仁美
¥1,500
Amazon.co.jp

セミナーでは、最近話題になっているフェイスブックとは一体何なのか?

そして、一体何ができるのか? さらに、フェイスブックが普及することで今後はどうなっていくのか?

ということについて、勉強させていただこうと思い、セミナーに参加させていただきました。

ところが、開始直後からプロジェクターがうまく表示されないというトラブルが発生しましたが、参加者を気遣って、慌てる素振りを一切見せることなく、アドリブで切り抜けるという荒業まで披露されてました。

そして、さすがフェイスブックのセミナーです。

セミナー開始直後から写真とコメントがフェイスブックにバンバンアップされていき、すでに参加者同士のコミュニケーションができていたのにはビックリです。

セミナーの内容も、最近渡米して仕入れたネタから、フェイスブックの日本法人へ直撃して得た情報など、めったに聞けないお話しから、フェイスブックの成り立ちから俯瞰して見たときの位置づけなど、フェイスブックの今後を考える上でとても役立つ中身の濃いセミナーでした。

私自身、ソーシャルメディアに抱いていた漠然な違和感もスッキリと腑に落としていただいたので、今ではその違和感も納得です。

熊坂さんのお話しは、本当に勉強になりました。