23歳で独立して、相方(嫁ではなく弊社の副社長です)と一緒にがむしゃらに頑張ってきました。

頑張れば何とかなる、努力すれば報われると、互いに奮い立たせあいながら…。

しかし、30歳を越えたあたりから感じ始め、来年にには40歳になる年齢になると確信したことがあります。

それは、今の自分があるのは、“頑張り”や“努力”でけではないということです。

もっと大きな何か…ひと言で言えば、“運”。

うまく言えないのですが、目に見えない大きな力というか、神がかり的な誘導というか…そんな感じです。

20代の頃に比べ、“頑張り”や“努力”と“運”が私の人生に与える影響の比率は、歳を重ねるごとに“運”に傾いている気がします。

宇宙戦艦ヤマトで、誰かが「1度のズレが何万光年先では、どれだけ大きなズレになると思っているんだ!」と言っていたのを思い出しました。

つまり、若い頃の軌道修正は“頑張り”や“努力”でも何とかできたが、歳を重ねるごとに“頑張り”や“努力”では軌道修正ができないところまできているという感じでしょうか。

だから、40歳になったら、一度、占い師の先生にみてもらおうと決めてました。

ただ、なぜか昔から、何かをしようと思うと、機会が目の前に現れ、私を良い方向に導いてくれるのです。

この不思議な感覚は以前から感じてはおりました。

最近では、来年から禁煙しようと思った矢先に、禁煙に成功した人と呑みに行き、勧められた“離煙パイプ”を使ったら、本当に禁煙できたり…でも、そういうことは比較的多く起こるんです。

そして、相方にすら言っていなかった「私は40歳になったら、一度、占い師の先生にみてもらおう」という気持ちが、弊社が主催した大阪セミナーゆり迦 先生と出会わせてくれたように思います。

しかも、その直後に東京鑑定があるなんて…これもまた、何かのお導きです。

ということで、ゆり迦先生に向こう半年の運勢などを鑑定していただきました。

占い師の先生にみてもらうのは初体験だったので、何を聞いたらいいのかすら分かりません。

でも、ゆり迦先生が優しく誘導してくださり、いろいろなことについてアドバイスいただきました。
とりあえず、向こう半年ですが、いただいたアドバイスが自分の人生にどう影響し、どういう結果をもたらしてくれるのかが楽しみです。

アドバイスをいただいて思ったのですが、意外にこういうのを気にする自分にビックリしてます。

風貌からは、誰も想像できないでしょうね(笑)

でも、こういう親や先輩、経営コンサルタントなどとは全く違ったアプローチのアドバイスというのは新鮮で面白いです。

しかも、妙な説得力と安心感があるのも不思議な感覚で、占いに依存する人の気持ちも分からなくはありません。

あ、そういえば、去年の今頃にこの人 に体調管理の忠告をしていたそうです。

それなのに、この人 ったら…。