先日の『出版グループコンサル in 大阪 』に参加された瀧本博史 さんの出版が決まりました。

瀧本さんは、本職やられているJR就職指南をテーマにした内容で発刊が決まりました。

中嶋茂夫 さんが得意とする鉄道関係ですが、中身も読者も全く別の鉄道本です。

本職として活躍されている方は、必ずしもその内容でニーズがあるわけではありません。

その内容を求めて本屋に来るかどうかがポイントです。

で、今回は、本職の内容が、本のニーズとして認められたというパターンとなります。

これは、元々、就職本という市場がある分野で、JRに特化したのが勝因です。

もっと言えば、これがJRのように就職希望者、もしくは就職応募数が多くなかったら企画としては成立しません。

つまり、すで市場がある分野で、エッヂを立て、ニーズを数値として試算できたことが決め手だったというコトです。

この本は、滝本さんにとって、いろいろな意味での“覚悟の一冊”となりそうですね。

期待していますよ~!