本の出版が決まると、アマゾンキャンペーンをやる方が多いです。

アマゾンキャンペーンをやると、本がたくさん売れるイメージがあるみたいですね。

でも、現実はそんなに甘いものではありません!

そして、失敗した人は必ず「時間が全然足りなかった…」「もう少し、時間があれば…」と言い訳します。

言い訳したところで、結果は変わりませんし、評価も変わりません。

一度貼られた『売れない著者』というレッテルは、そう簡単には剥がせないのです。

もし、弊社のプロデュースで出版が決まったのなら、弊社で最短でできるアマゾンキャンペーンのノウハウがありますので、キッチリお手伝いすることは可能です(お手伝いしても、本人にやる気がないと大失敗しますけどね)。

でも、必ずしも、弊社のプロデュースで出版が決まるとは限りません。

そんな場合、そうそうアマゾンキャンペーンのノウハウは流出してはおりませんので、バタバタして、準備も整わないうちに終了というのがよくある話しです。

参謀的に助言をしてくれる方がいらっしゃらないのであれば、アマゾンキャンペーンの準備は出版が決まった瞬間からしなければ間に合いません。

しかも、ちゃんとアマゾンキャンペーンを俯瞰して捉え、的確な思考をもって、無駄なく準備を進めて、やっと間に合うぐらいです。

なので、もし、出版が決まっているか、これから出版が決まるかも知れないのであれば、アマゾンで1億冊を売ったカカトコリ師匠 のセミナーを受講してみてください。

私だったら、どんなに高額なセミナーであっても話さないノウハウですが、師匠は自分のセミナー でお話しされております。

アマゾンキャンペーンを何度も見守ってきた師匠だけに、アマゾンキャンペーンとは何なのかということから、そこに挑む心構え、それまでにすべきことなどを、分かりやすく説明してくれます。

私も一度、参加したので、間違いありません。

かなり高額なセミナーではありますが、『売れない著者』というレッテルを貼られると思ったら安いものですね。