出版業界としては、『ブランド人に出版してもらいたい』です。

当たり前ですね。

その方が本は売れますから…。

逆に、著者の側で言えば、『ブランド人になるために出版』です。

これも、当たり前です。

だって出版の効果は絶大であることは分かっていますが、出版は労力の割りに儲かりませんから…。

これは、もう、“ニワトリが先か、タマゴが先か”という問題です。

個人的には、自分が出版業界の中に属していることもありますが、圧倒的に前者の思考が板についています。

なので、他の道から出版をして、自力でブランド人になってももらい、晴れてブランド人になって出版してもらいます。

圧倒的な出版実現率を誇るのも、それが理由です。

逆に言えば、私には、ブランド人になるために出版の道のりが見えません。

でも、その道も間違いなく存在し、その道を案内してくれるのが鳥居祐一 さんです。

そして、『出版は普通の人をブランド化させる最短距離』とおっしゃる鳥居さんが、その体系化した戦略を“スピードブランディング実践塾”で公開されるようです。

もし、出版してブランド人を目指すのであれば、是非、参加してみてください。

なお、当日は、私も参加しますので、見かけたら、お気軽に話しかけてください。