はじめての著者さんが、皆さん、本が出たら考えるのが販促です。

とくに、全国で10%のシェアを誇るアマゾンでの売れ行きは気になるところでしょう。

実際にアマゾンでの売れ行きは、ランキングという形で全国から確認することができますし、最近でこそ効果は落ちてきたものの、『アマゾン総合1位』という称号は、ブランディングする上でまだまだ魅力的です。

どうすれば、著書をアマゾンで売ることができるのか?

基本的には、いかに初速をつける事が重要なのですが、その手法として有名なのがアマゾンキャンペーンです。

アマゾンキャンペーンの目的は、アマゾンキャンペーンで初速をつけて、ランキングの上位で露出し、さらなる購買を誘発することにあります。

逆に言えば、最終的にさらなる購買を誘発できなければ失敗です。

全く意味がありません。

では、アマゾンキャンペーンを成功させるためには、どれぐらい売れればいいのかといえば、だいたい1000部です。

これは、あくまでも1位を取るのに必要な部数ではなく、アマゾンキャンペーンの目的を達成させるのに必要な部数だと認識してください。

つまり、出版を目指すのであれば、1000部ぐらいは自分で売るぐらいの力をつける必要があります。

それが例え自己買いで1000部でも構わないので、とにかく、自力で1000部です。

ちなみに、弊社でも何度もアマゾンキャンペーンをサポートし、何度も総合1位を獲得してきました。

そのアマゾンキャンペーンで何をしてきたかの記録に関しては、弊社プロデュースの著者だけが見れる形で公開しておりますが、その記録からも同じやり方は2度と通用しないことは分かります。

あくまでも、1000部は必須条件です。

それだけで何とかなるわけではありません。

その条件をクリアした上で、さらにいろいろな仕掛けを用意して、はじめてアマゾンキャンペーンは成功する可能性がでてきます。